○横手市十文字文化センター管理運営規則

平成27年4月1日

規則第29号

(趣旨)

第1条 この規則は、横手市十文字文化センター設置条例(平成17年横手市条例第303号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、横手市十文字文化センター(以下「文化センター」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 文化センターの開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(休館日)

第3条 文化センターの休館日は、12月29日から翌年の1月3日までとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(使用の手続)

第4条 条例第3条第1項の規定により文化センターを使用しようとする者は、市長に文化センター使用許可申請書を提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、文化センター使用許可書(以下「許可書」という。)を交付するものとする。

3 文化センターの使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、文化センターの使用に際し、許可書を職員に提示し、その指示を受けなければならない。

(特別な設備等の手続)

第5条 文化センター及び敷地内に特別の設備をし、若しくは造作を加えようとする者又は文書、ポスター、立看板等を掲示しようとする者は、文化センター掲示承認申請書を提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、文化センター掲示許可書を交付するものとする。

(使用料の減免)

第6条 条例第7条に規定する使用料の減免は、次の各号のいずれかに該当する場合とする。

(1) 市及び市関係機関が行政目的のために使用するとき。

(2) 市内の社会教育団体が社会教育のために使用するとき。

(3) 国、県等の関係行政機関及び市内の公共的団体が市の行政に寄与する目的で使用するとき。

(4) 横手市生涯学習施設利用登録団体要綱(平成27年横手市訓令第5号)に基づき、生涯学習施設利用登録団体として登録された団体が使用するとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか市長が特別の事由があると認めたとき。

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、使用許可申請の際に、文化センター使用料減免申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、文化センター使用料減免許可書を交付するものとする。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

横手市十文字文化センター管理運営規則

平成27年4月1日 規則第29号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 社会教育/第4節 芸術・文化
沿革情報
平成27年4月1日 規則第29号