○横手市増田伝統的建造物伝承施設管理運営規則

平成24年4月1日

規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、横手市増田伝統的建造物伝承施設設置条例(平成23年横手市条例第24号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、横手市増田伝統的建造物伝承施設(以下「伝承施設」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 市長は、次に掲げる事業を行う。

(1) 増田地域の伝統的建造物群を中心とする町並みや生活文化の資料整理、調査研究及び活用普及に関すること。

(2) 伝承施設の活用に関すること。

(3) 伝承施設の管理に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、伝承施設の目的を達成するために必要な事業

(開館時間)

第3条 伝承施設の開館時間は、午前9時から午後4時までとする。ただし、市長が必要と認めたときは、開館時間を変更することができる。

(休館日)

第4条 伝承施設の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めたときは、休館日を変更することができる。

(1) 毎週月曜日。ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日にあたる場合はその翌日

(2) 12月29日から翌年1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(使用料の減免)

第5条 条例第4条の規定のより使用料の減免を受けようとする者は、減免申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、減免を許可したときは、許可証を交付するものとする。

(入館者の遵守事項)

第6条 伝承施設に入館しようとする者(以下「入館者」という。)は、次の事項を守らなければならない。

(1) 施設設備又は資料等を損傷する行為をしないこと。

(2) 火災等危険の生ずる物の持込みをしないこと。

(3) 許可なく施設内の資料等の模写又は撮影をしないこと。

(4) 施設内で喫煙をしないこと。

(5) 他の入館者に迷惑となる行為をしないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めた事項

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

横手市増田伝統的建造物伝承施設管理運営規則

平成24年4月1日 規則第24号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第8編 業/第1章 商工・観光
沿革情報
平成24年4月1日 規則第24号