○横手市緊急教育資金貸付条例施行規則

平成21年1月28日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、横手市緊急教育資金貸付条例(平成21年横手市条例第1号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付金の対象者)

第2条 条例第3条の横手市緊急教育資金(以下「貸付金」という。)の対象者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 解雇等により児童・生徒等の修学に係る費用の支出が困難と認められる世帯に属していること。

(貸付けの申込み)

第3条 条例第5条の借入申込書(様式第1号)には、貸付金を借り受けようとする保護者(以下「申込者」という。)及び保証人の住民票を添付するものとする。

(貸付けの決定)

第4条 市長は、貸付けの可否を決定したときは、申込者に緊急教育資金貸付承認(不承認)通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(貸付金の交付等)

第5条 貸付金の交付は、口座振込により行うものとする。

2 貸付けの決定を受けた申込者(以下「借入申込者」という。)は、次の書類を提出するものとする。

(1) 横手市緊急教育資金借用証書(様式第3号)

(2) 口座振込依頼書(様式第4号)

(3) 緊急教育資金償還計画明細書(様式第5号)

(4) 借入申込者及び保証人の印鑑証明書 各1通

3 前項第4号の保証人は、満20歳以上で身元が確実であると市長が認めた者とする。

(償還方法)

第6条 条例第7条の償還は、原則として年賦償還とする。

(償還猶予)

第7条 市長は、貸付金の貸付けを受けた者(以下「借受人」という。)が病気、災害その他やむを得ない事由のため償還が困難であると認めるときは、条例第10条の規定により貸付金の全部又は一部の償還を猶予することができる。

2 借受人は、前項の規定により償還の猶予を受けようとするときは、償還猶予申請書(様式第6号)を提出しなければならない。

3 市長は、償還の猶予の可否を決定したときは、償還猶予承認(不承認)通知書(様式第7号)により通知するものとする。

(償還免除)

第8条 市長は、借受人が次の各号のいずれかに該当する場合は、条例第10条の規定により貸付金の全部又は一部の償還を免除することができる。

(1) 死亡したとき。

(2) 重い心身障害等により償還ができなくなったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか特別な事情があると市長が認めたとき。

2 借受人(借受人が死亡した場合にあっては、同居の親族又は保証人。第9条において同じ。)は、前項の規定により償還の免除を受けようとするときは、償還免除申請書(様式第8号)を提出しなければならない。

3 市長は、償還の免除の可否を決定したときは、償還免除承認(不承認)通知書(様式第9号)により通知するものとする。

(氏名又は住所の変更)

第9条 借受人は、第5条第2項第1号の借用証書に記載した事項に異動を生じたときは、速やかに、市長に届け出なければならない。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成21年2月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

横手市緊急教育資金貸付条例施行規則

平成21年1月28日 規則第1号

(平成21年2月1日施行)