○横手市農林水産物直売・食材供給施設管理運営規則

平成18年4月28日

規則第22号

横手市農林水産物直売・食材供給施設管理運営規則(平成17年横手市規則第200号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、横手市農林水産物直売・食材供給施設設置条例(平成18年横手市条例第17号。以下「条例」という。)第12条の規定に基づき、横手市農林水産物直売・食材供給施設(以下「直売・食材供給施設」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間及び休業日)

第2条 直売・食材供給施設の使用時間及び休業日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

区分

使用時間

休業日

地域ふれあい施設たかね

午前10時から午後7時まで

毎週月曜日

農香庵

4月1日から10月31日まで

午前8時から午後8時まで

1月1日及び1月2日

11月1日から3月31日まで

午前8時から午後7時まで

道の駅十文字農産物直売所

4月1日から10月31日まで

午前9時から午後7時まで

1月1日及び1月2日

11月1日から3月31日まで

午前9時から午後6時まで

(使用の許可)

第3条 直売・食材供給施設を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ市長の許可を得るものとする。

(使用の不許可)

第4条 市長は、申請者が次の各号のいずれかに該当するときは、直売・食材供給施設の使用を許可しないものとする。

(1) 管理上支障があると認められるとき。

(2) 直売・食材供給施設又は備品等を汚損し、損傷し、又は亡失するおそれがあると認められるとき。

(使用許可の取消し)

第5条 市長は、直売・食材供給施設を使用する者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、直売・食材供給施設の使用許可を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。この場合において、使用者に損害を被ることがあっても、市長はその責めを負わない。

(1) 直売・食材供給施設において、他人に迷惑を及ぼす行動をとったとき、又はそのおそれがあると認められるとき。

(2) 直売・食材供給施設又は備品等を故意に破損し、若しくは滅失したとき、又はそのおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(4) 災害その他の事由により直売・食材供給施設を使用させることができなくなったとき。

(原状回復義務)

第6条 使用者は、直売・食材供給施設の使用を終了したとき、又は前条の規定により使用の許可を取り消され、若しくは使用を停止されたときは、直売・食材供給施設又は備品等を速やかに原状に回復しなければならない。

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第7条 条例第6条の規定により指定管理者に管理を行わせる場合は、第2条から第5条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用者」とあるのは「利用者」と読み替えるものとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、指定管理者による管理が開始される日又は平成18年9月1日のいずれか早い日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第26号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年1月5日規則第1号)

この規則は、平成24年3月1日から施行する。

横手市農林水産物直売・食材供給施設管理運営規則

平成18年4月28日 規則第22号

(平成24年3月1日施行)