○横手市ふれあいセンター設置条例

平成17年10月1日

条例第192号

(設置)

第1条 市民の文化向上、福祉の増進及び観光振興を図るため、横手市ふれあいセンター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 横手市ふれあいセンター

(2) 位置 横手市中央町8番12号

(施設)

第3条 センターを構成する施設は、次のとおりとする。

(1) かまくら館

 ホール

 研修室1

 研修室2

 研修室3

 研修室4

 ミーティングルーム

 談話室

 映像室

 かまくら室

(2) 市民広場

 ステージ

 広場

(使用料)

第4条 市長は、施設を使用する者(以下「使用者」という。)から別表に定める使用料を徴収する。この場合において、使用料の額に10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

2 前項に定めるもののほか附属設備器具等の使用料の額は、使用の単位につき6,300円を超えない範囲で規則で定める額とする。

(使用料の減免)

第5条 市長は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第6条 市長は、既に徴収した使用料を使用者に還付することができない。ただし、使用者の責めに帰することができない場合又はその他特に必要があると認めた場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(指定管理者による管理)

第7条 センターの管理は、法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務)

第8条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。この場合において、第4条及び第6条中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」と、「使用者」とあるのは「利用者」と読み替えるものとする。

(1) 利用の許可、利用の許可の取消し並びに利用の制限及び停止に関する業務

(2) センターの維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、センターに関し市長が特に必要と認める業務

(指定管理者による管理の基準)

第9条 指定管理者は、その他の規則で定める管理の基準に従ってセンターの管理を行わなければならない。

(損害賠償義務)

第10条 使用者は、センター又は備品等を損傷し、又は滅失したときは、市長の指示する方法でその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別な事由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。ただし、第14条の規定は、平成18年4月1日から施行し同日前の管理運営は、合併前の横手市ふれあいセンター設置条例(平成3年横手市条例第10号)の例による。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の横手市ふれあいセンター設置条例(平成3年横手市条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年12月15日条例第51号)

(施行期日)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

(横手市ふれあいセンター設置条例の改正に伴う経過措置)

2 この条例の施行前に改正前の横手市ふれあいセンター設置条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成26年6月25日条例第29号)

この条例は、平成26年9月1日から施行する。

別表(第4条関係)使用料

(1) かまくら館 ホール

(消費税を含む。)

区分

使用料の額

昼間

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午前9時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

入場料を徴収しない場合又は入場料1人当たりの最高額が1,575円以下の場合

平日

7,350円

10,500円

17,850円

11,550円

土曜日、日曜日、休日

9,450円

13,650円

23,100円

15,750円

入場料1人当たりの最高額が1,576円以上の場合

平日

12,600円

16,800円

29,400円

19,950円

土曜日、日曜日、休日

16,800円

24,150円

40,950円

28,350円

備考

1 この表において「入場料」とは、使用者がいずれの名義でするかを問わず、ホールの入場者から徴収する入場の対価をいう。

2 この表において「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日をいう。

3 使用者が入場料を徴収しない場合又は入場料1人当たりの最高額が1,575円以下の場合で、営業その他これに類する目的をもって使用するときは、入場料1人当たりの最高額が1,576円以上の場合の使用料を徴収する。

4 練習又は準備のために使用する場合の使用料の額は、この表に定める額に100分の30を乗じて得た額とする。

(2) かまくら館 研修室等

(消費税を含む。)

区分

使用料の額

昼間

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午前9時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

研修室1

840円

1,050円

1,890円

1,260円

研修室2

840円

1,050円

1,890円

1,260円

研修室3

840円

1,050円

1,890円

1,260円

研修室4

840円

1,050円

1,890円

1,260円

ミーティングルーム

840円

1,050円

1,890円

1,260円

談話室

月額20,000円以上で市長が定める額

映像室及びかまくら室

横手市観光文化施設入場料を定める条例(平成17年横手市条例第186号)第3条第1項に定める入場料

備考

1 使用者が営業その他これに類する目的をもって研修室及びミーティングルームを使用する場合の使用料の額は、この表に定める額に100分の200を乗じて得た額とする。

2 映像室及びかまくら室の使用料は、入場者が他の横手市観光文化施設で横手市観光文化施設共通入場券を購入して持参した場合は、徴収しない。

(3) 市民広場

(消費税を含む。)

区分

使用料の額

昼間

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午前9時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

ステージ

315円

420円

735円

525円

横手市ふれあいセンター設置条例

平成17年10月1日 条例第192号

(平成26年9月1日施行)