○横手市増田商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」に関する条例

平成17年10月1日

条例第190号

(設置)

第1条 商店街来客者へ憩いの場を提供し、地域の発展及び商店街の活性化に資するため横手市増田商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」(以下「コミュニティラウンジ」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 コミュニティラウンジの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 横手市増田商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」

(2) 位置 横手市増田町増田字中町71番地

(利用者の遵守事項)

第3条 コミュニティラウンジを利用するもの(以下「利用者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱す行為をしないこと。

(2) コミュニティラウンジ又は備品等を損傷し、又は破壊しないこと。

(3) 他の利用者の迷惑となる行為をしないこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理者の指示に従うこと。

(指定管理者による管理)

第4条 コミュニティラウンジの管理は、法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務)

第5条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 利用の許可、利用の許可の取り消し並びに利用の制限及び停止に関する業務

(2) コミュニティラウンジの維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、コミュニティラウンジの管理に関し市長が特に必要と認める業務

(指定管理者による管理の基準)

第6条 指定管理者は、その他の規則で定める管理の基準に従ってコミュニティラウンジの管理を行わなければならない。

(損害賠償義務)

第7条 利用者は、コミュニティラウンジ又は備品等を損傷し、又は滅失したときは、市長の指示する方法でその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別な事由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例で定めるもののほか、コミュニティラウンジの管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の増田町商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」に関する条例(平成4年増田町条例第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日条例第28号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、改正前の横手市増田商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」に関する条例第5条の規定は、指定管理者による管理が開始される日の前日又は平成18年8月31日のいずれか早い日まで、なお効力を有する。

横手市増田商店街共同利用施設「コミュニティラウンジ」に関する条例

平成17年10月1日 条例第190号

(平成18年3月27日施行)