○横手市平鹿ショッピングエリア設置条例

平成17年10月1日

条例第188号

(設置)

第1条 住民の交流を積極的に推進し、連帯感の醸成を図り、各種事業を企画することにより、魅力ある商店街の形成に資するため、横手市ショッピングエリア(以下「エリア」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 エリアの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 横手市平鹿ショッピングエリア

(2) 横手市平鹿町浅舞字浅舞385番地

(管理及び運営)

第3条 エリアは、市長が管理運営する。

(使用の範囲)

第4条 エリアは、地域住民が自由に利用できるほか、次に定める範囲で使用できるものとする。

(1) 市が主催する各種事業及び市が後援する団体が主催する事業

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が認めた事業

(使用の許可)

第5条 エリアを使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(使用及び利用の規制)

第6条 エリア内において、何人も、みだりに次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公安又は風俗を乱すおそれのある行為

(2) 施設を損傷するおそれのある行為

(3) 利用者に著しく迷惑をかける行為

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理運営上支障のある行為

(使用の不許可)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、エリアの使用を許可しないものとするほか、前条に定める行為があった場合は、その使用を取り消すことができる。

(1) 公安又は風俗を乱すおそれのある団体

(2) 住民に脅威を及ぼすおそれのある団体

(使用料)

第8条 市長は、エリアを使用する者(以下「使用者」という。)から別表に定める使用料を徴収する。

(使用料の減免)

第9条 前条の規定にかかわらず、市長は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第10条 既に徴収した使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めに帰さないものについては、還付するものとする。

(損害賠償義務)

第11条 エリアを使用する者及び利用する者は、エリア又はその他の施設を損傷し、又は滅失させたときは、市長の指定する方法で弁償しなければならない。ただし、特別な理由があるときは、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の平鹿町ショッピングエリア設置条例(平成4年平鹿町条例第17号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日条例第11号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日条例第18号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

(消費税を含む。)

区分

使用料

エリア

4時間まで

10,500円

4時間を超え、8時間まで

21,000円

8時間を超え、1時間につき

2,100円

市場の開設

横手市市場条例(平成17年横手市条例第189号)に定める額

横手市平鹿ショッピングエリア設置条例

平成17年10月1日 条例第188号

(平成22年4月1日施行)