ページ本文

【市長室往来・平成28年3月】

髙橋市長のもとを訪れた方々をご紹介します。

横手やきそばでまちおこしをしている団体が善意寄せる

 3月23日、横手やきそば暖簾会副理事長の三浦勝則さんと、まちおこし団体『横手やきそばサンライ'S』代表の田畑晃子さんが本庁舎を訪れ、これまでのイベントや活動で得た収益金10万円を市へ寄付しました。
 髙橋市長と対談した三浦さんと田畑さんは「横手やきそばが地域資源となり、地域の活力になると思う。これからも継続し活動していきたい」と話しました。それに対して市長からは、今回で5回目となる寄付にあらためて感謝し、今後も横手の看板となって横手市を宣伝していただきたい旨を伝えました。
髙橋市長(左)と対談する三浦さん(右から2人目)と田畑さん(右)

髙橋市長(左)と対談する三浦さん(右から2人目)と田畑さん(右)

髙橋市長(左)へ目録を手渡す三浦さん(中央)と田畑さん(右)

髙橋市長(左)へ目録を手渡す三浦さん(中央)と田畑さん(右)

横手市観光親善大使の佐藤博文さんに委嘱状が交付されました~3月11日~

 関西圏での出前かまくらなどをプロデュ-スしている佐藤博文さん((株)エスプロット代表取締役社長)へ、横手市観光親善大使の委嘱状が市長から手渡されました。3月11日に市役所を訪問した佐藤さんは「まいど!」と関西人らしい元気な挨拶で場を和ませました。
 横手市では、市のイメージアップを図り、観光振興につなげることを目的に『観光親善大使』を委嘱しているもので、佐藤さんは平成20年から観光親善大使として横手市のPRのために幅広く活動されています。
佐藤さん(左)へ髙橋市長(右)から委嘱状を交付

佐藤さん(左)へ髙橋市長(右)から委嘱状を交付

佐藤さん(左)と髙橋市長(右)

佐藤さん(左)と髙橋市長(右)

日立ハイテククーガーズの外山優子選手が今シーズンを報告~3月9日~

 3月9日、WJBL(バスケットボール女子日本リーグ機構)の日立ハイテククーガーズに所属する外山優子選手(十文字町出身)が、本庁舎を訪れ、髙橋市長へ今シーズンの報告をしました。
 外山選手は、十文字中学校からバスケットボールの名門である桜花学園高校(愛知県)に進学。その後、大学を経て今シーズンから日立ハイテククーガーズに入団した期待のルーキーです。レギュラーシーズンのほか、1月16日に行われたWJBLオールスターにも出場するなど大活躍の一年となりました。
 髙橋市長と対談した外山選手は、「大きなけがもなく、今シーズンを頑張ることができました。これからも応援よろしくお願いします」と報告。これに対して市長は、「けががないことが一番。これからも第一線で頑張って、さらに上を目指してください」と激励しました。
今シーズンを振り返る外山選手

今シーズンを振り返る外山選手

握手する外山選手(左)と髙橋市長(右)

握手する外山選手(左)と髙橋市長(右)

有限会社東洋メンテナンスが善意を寄せる~3月7日~

 3月7日、有限会社東洋メンテナンス(東京都江戸川区)で代表取締役を務める田中芳雄氏(平鹿町出身)が本庁舎を訪れ、教育関係に役立てて欲しいとして1,000万円を市に寄付しました。
 髙橋市長と対談した田中代表取締役は「テレビや新聞で横手が紹介されるたびに注目して見ている」と話しました。それに対して市長は、今回で5回目となる寄付にあらためて感謝するとともに、有効に活用させていだだく旨を伝えました。
髙橋市長(左)へ目録を読み上げる田中代表取締役(右)

髙橋市長(左)へ目録を読み上げる田中代表取締役(右)

髙橋市長(左)へ目録を手渡す田中代表取締役(右)

髙橋市長(左)へ目録を手渡す田中代表取締役(右)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話