ページ本文

【市長室往来・平成27年2月】

市へ善意や受賞などの報告で髙橋市長のもとを訪れた方々をご紹介します。

よねや商事株式会社から善意をいただく

佐々木社長(左)と髙橋市長

佐々木社長(左)と髙橋市長

 よねや商事株式会社の佐々木隆一社長らが2月26日、髙橋市長のもとを訪れ市への善意として50万円を寄付しました。よねや商事からは、毎年、市への善意を寄せていただいており、小学校に『よねや文庫』を設けて図書の購入費に活用させていただいております。
 市では、今回の寄付金を今春開校の『雄物川小学校』『大雄小学校』の図書代にし、充実した読書環境を整備していきます。

『共助組織』代表者ネットワーク会議がふるさとづくり大賞団体表彰受賞を報告~2月3日~

 平成26年度のふるさとづくり大賞において、『共助組織』代表者ネットワーク会議が総務大臣表彰・団体表彰を受賞し、同会議の佐藤克男・議長(保呂羽地区自治会)、高橋徳保・副議長(南郷共助組合)、石沢達雄・副議長(三又共助組合)、奥山良治・副議長(狙半内共助運営体)とともに、同会議構成員の秋田県南NPOセンターの関係者らが、市長へ報告に訪れました。
 この表彰はそれぞれのふるさとをより良くしようとする団体や個人を表彰し、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力のある地域社会の構築を図ることを目的としているものです。 
 今回は、当会議が行っている買い物支援や雪下ろし支援、見守りなど共助に係るモデルが、過疎化・高齢化の進む地域のおける自主的な取り組みであることや、新しい公共を担うものであることなどが評価されました。
 佐藤議長は「ネットワークを結成したことで、アイディアや課題を共有することができ、活動する上での励みになっている。最近は、女性や若手の『地域お助け隊』も加入しており、安心して暮らすことができる地域づくりのために、これからも活動を続けていきたい」と今後の方針などについて話しました。
 それを受けて髙橋市長は「過疎化・高齢化が進むと地域における人間関係が希薄になってしまう。みなさんの取組みによって、他の地域でも『自分たちの地域が自分たちが守っていく』という気運が醸成され、地域コミュニティの活性化へとつながっていくことを期待している」とし、改めて受賞の栄光を称えました。

(左から)奥山さん、石沢さん、高橋さん、佐藤さん、髙橋市長

(左から)奥山さん、石沢さん、高橋さん、佐藤さん、髙橋市長

共助を示す『孤掌難鳴(こしょうなりがたし)』の下で記念撮影

共助を示す『孤掌難鳴(こしょうなりがたし)』の下で記念撮影

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話