ページ本文

【市長室往来・平成26年12月】

髙橋市長のもとを訪れた方々をご紹介します。

JICAの青年海外協力隊が市長を表敬訪問~12月19日~

 自分の持つ技術や知識を開発途上国で生かすために独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊として、海外に派遣される横手市在住の宮川達也さんと東海林小百合さんが来年1月の出発前に髙橋市長のもとを訪れました。
 宮川さんはパソコンのインストラクターとして東南アジアのラオスに派遣されます。宮川さんは「ラオスは国連が定める後発開発途上国に指定されており、2020年までに脱却することを目指している。自分の持つ通信ネットワークの技術を国のために役立てたい」と話しました。一方、東海林さんは南米のボリビアに派遣されます。東海林さんは「これまで看護師として救急救命や集中治療に従事してきた。具体的な手順書をもとにボリビアの看護師にその技術を伝えてきたい」と話ました。派遣期間はともに平成27年1月から平成29年1月までの2年間です。
 髙橋市長はお二人に対して「気候や文化の違う土地に行くことは、大変なことだと思います。日本を代表して来たという心意気で頑張ってきてください。お二人のご健闘を期待しています」と激励しました。
 若いお二人からは誠実さと意志の強さが感じられ、今後遠い異国の地での活躍が期待されます。
髙橋市長と対談するお二人

髙橋市長と対談するお二人

東海林さん(左)、髙橋市長、宮川さん(右)

東海林さん(左)、髙橋市長、宮川さん(右)

秋田ノーザンハピネッツ・長谷川誠ヘッドコーチと水野勇気社長が訪問~12月5日~

長谷川ヘッドコーチと髙橋市長、水野社長

長谷川ヘッドコーチと髙橋市長、水野社長

 12月5日、プロバスケットボールbjリーグの秋田ノーザンハピネッツ・長谷川誠ヘッドコーチと水野勇気社長が、12月6日、7日、横手市増田体育館で開催される滋賀レイクスターズとの公式戦を前に髙橋市長のもとを訪れました。
 長谷川誠ヘッドコーチは「ヘッドコーチになって横手市で試合を行うのは今回が初めてなので、ぜひ連勝したい。選手一人ひとりが100%の力を発揮することがいい試合につながる。シーズン前に横手市で合宿を行うことができたので、関係者の皆さんには、感謝している。今回もぜひ応援をお願いしたい」と話しました。
 髙橋市長は「長谷川ヘッドコーチには、市のスポーツ大使を引き受けていただき感謝しています。地元の勢いでぜひ勝利を収めてください。シーズンの優勝も期待しています」と激励しました。また、ハピネッツの選手全員のサイン入りボールが髙橋市長に手渡されました。今後もハピネッツの活躍が期待されます。
※サインボールは、市役所本庁舎1階市民ギャラリーに展示しています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話