ページ本文

【市長室往来・平成26年11月】

受賞の報告で髙橋市長のもとを訪れた方々をご紹介します。

受賞の報告

平成26年度環境・保健事業功労者県知事表彰受賞報告~11月21日~

今回表彰を受けた塩田さん(左)、小田嶋さん(右)

今回表彰を受けた塩田さん(左)、小田嶋さん(右)

  長年にわたり、地域の健康づくりや衛生水準の向上、生活環境の改善への貢献が認められた方を表彰する平成26年度環境・保健事業功労者表彰が、11月19日秋田県庁で行われました。
  横手市の受賞者の中から、結核予防事業功労者として表彰された小田嶋ミヤ子さんと、栄養改善事業功労者として表彰された塩田悦子さんが11月21日、髙橋市長のもとを報告に訪れました。髙橋市長は、二人のこれまでの功績を称え、今後のさらなる活動を期待しました。
     小田嶋ミヤ子さんは、現在、横手市結核予防婦人会横手支部会員で、元横手市結核予防婦人会横手支部長。塩田悦子さんは、横手市食生活改善推進協議会雄物川支部長を務めています。

工藤凜歩さん(横手南小5年)が東北小学生バドミントン大会準優勝を報告~11月12日~

 10月12日・13日に開催された第20回東北小学生バドミントン大会で、5年以下女子ダブルスの部の準優勝に輝いた工藤凜歩さん(横手南小5年)が、松田監督とお父さんの工藤智浩さんとともに本庁舎を訪れ、髙橋市長へ入賞と全国大会への出場決定を報告しました。
 神岡ジュニアクラブのチームメイトとともに入賞を果たしたもので、松田監督は「2年連続で全国大会へ出場を果たした選手はなかなかいない」と話してくれました。
 髙橋市長はスポーツドリンクをプレゼントした後、「楽しみながらも、雰囲気にのまれないように頑張ってほしい。『目の前の試合に勝つ!』という気持ちで、一試合一試合大事に挑んでください」と激励。
 工藤さんは「ベスト8以上になれるようにがんばりたい」と、全国ベスト16だった昨年の結果を越えようとする意気込みを語りました。
 全国大会は12月25日から新潟県を会場に開催される予定です。
報告に訪れた父・工藤智浩さん(左)と凜歩さん(中央)と松田監督(右)

報告に訪れた父・工藤智浩さん(左)と凜歩さん(中央)と松田監督(右)

凜歩さんを囲んでの記念撮影

凜歩さんを囲んでの記念撮影

増田婦人会が『第24回花のまちづくりコンクール』の受賞結果報告~11月5日~

髙橋市長と増田婦人会の皆さん

髙橋市長と増田婦人会の皆さん

 11月5日、第24回全国花のまちづくりコンクールで『花のまちづくりコンクール推進協議会長賞』を受賞した増田婦人会(鶴飼美和子会長)の3人の皆さんが、10月に東京で行われた受賞報告に髙橋市長のもとを訪れました。
 これまでの花壇づくりに取り組んできた成果が、全国で認められての受賞に、髙橋市長も喜びを見せました。今回の賞は、全国から応募上位14点に送られる名誉ある賞です。
 婦人会の皆さんは、今後もこれまでの取り組みを継続していくと話してくれました。

活動の報告

本町下丁町内会自主防災組織の皆さんが防災備品整備を報告~11月11日~

本町下丁町内会自主防災組織の皆さんと髙橋市長

本町下丁町内会自主防災組織の皆さんと髙橋市長

 横手地域で自主的に防災活動を進めている本町下丁町内会自主防災組織(滑川利生会長)では、このほど投光器や発電機などの防災備品を整備しました。備品の購入は、宝くじ助成による『自主防災組織育成事業』で実施されたものです。11月11日には、本町下丁町内会自主防災組織の役員ら6人の皆さんが、髙橋市長のもとを報告に訪れました。本町下丁町内会自主防災組織は平成7年に結成され、女性センターと合同の防災訓練や救急救命講習などに積極的に取り組んでいます。
   髙橋市長は「地域を自分たちで守るという活動は当たり前のようで、実践することは難しいものです。皆さんの自主的な活動には頭がさがります。今後、一人暮らし高齢者への対処や、降雪時の災害も考えられます。ぜひ、他の地域の模範となる活動の継続を期待します」と話しました。本町下丁町内会自主防災組織の皆さんは「今後も防災備品を活用して活動を継続していきたい」と話してくれました。本町下丁町内会自主防災組織をはじめとする今後の地域防災活動の広がりが期待されます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話