ページ本文

【市長室往来・平成26年1月】

市に善意を寄せた方々や受賞の報告などで髙橋市長のもとを訪れた方々を紹介します。

受賞の報告

人権擁護委員を退職した髙橋雅子さんに法務大臣から感謝状が贈られる~1月22日~

感謝状が贈られた髙橋雅子氏(中央)、髙橋市長(右)、若松秋田地方法務局大曲支局長(左)

感謝状が贈られた髙橋雅子氏(中央)、髙橋市長(右)、若松秋田地方法務局大曲支局長(左)

  平成26年1日1日付けで人権擁護委員を退職された髙橋雅子氏に1月22日、長年にわたる人権擁護と人権思想の高揚普及に対して法務大臣から感謝状が贈られました。平成17年から3期9年間、人権擁護委員として人権に関する相談や啓発活動に尽力された髙橋氏。人権相談では「気軽に相談できる雰囲気づくりや、話し相手なることを心掛けた」とこれまでを振り返りました。大曲人権擁護委員協議会横手部会の瀧澤將弘部会長は、ともに人権相談業務を行ってきたことにお礼の言葉を送り、髙橋市長もこれまでの活動に感謝し「今後はぜひ、地域でご尽力ください」と激励しました。
  また、米沢谷幸一氏、佐々木豊氏も平成26年1日1日付けで退任されています。

雄物川高校男子バレー部が春高バレーで3位入賞を報告~1月22日~

 雄物川高校男子バレー部が、東京で開催された第66回全日本バレーボール高校選手権大会で県勢過去最高タイの3位に入賞しました。1月22日、根本校長、宇佐美監督、川村主将(3年)、佐藤勇太選手(3年)、佐藤慎吾選手(3年)が、市長へ報告のため訪れました。
 はじめに根本校長が「春高バレーには連続出場していますが、今年は宇佐美監督の下、4年ぶりに、第3位を収めることができました。選手たちは、市民からの熱い声援をいただきがんばることができました。また、今大会でキャプテンの川村は、優秀選手賞をいただきました。市長には、お忙しい中、試合に駆けつけていただきありがとうございました」  と感謝を述べました。
 また、宇佐美監督は「3位という報告ができて、正直ホットしています。市長には、現地で選手たちにゲキをとばしていただき、励みになりました。今後も、残った選手で更なる精進をしてまいります」と話し、川村主将は「初戦は緊張のせいか、苦戦しましたが、そのあとは自分たちのプレーができました。皆さんの応援のおかげです。ありがとうございました」と大会を振り返りました。
 市長は「全国第3位おめでとうございます。地域の宝である選手たちのがんばりを、市としてできる限り応援して、盛り上げたいと音頭をとらせていただきました。今後もいっそう練習に励んで、市民に勇気を与えてほしいです。期待しています」と激励しました。
市長への報告の様子

市長への報告の様子

(左から)佐藤勇太選手・川村主将・根本校長・市長・宇佐美監督・佐藤慎吾選手

(左から)佐藤勇太選手・川村主将・根本校長・市長・宇佐美監督・佐藤慎吾選手

市への善意

有限会社東洋メンテナンスが除雪事業にと善意を寄せる~1月29日~

東洋メンテナンスの田中代表取締役(右)、髙橋市長(左)

東洋メンテナンスの田中代表取締役(右)、髙橋市長(左)

 平鹿町出身の田中芳雄氏が代表取締役を努める有限会社東洋メンテナンス(東京都江戸川区)が、1月29日、市の大雪の状況を危惧し、除雪費用に役立ててほしいと1,000万円を市に寄付しました。この日、訪れた田中代表取締役は「ふるさとが大雪で大変な状況は、マスコミを通じて首都圏でも大きく伝わっている。ぜひ役立ててほしい」と話しました。
 髙橋市長は「ありがとうございます。有効に活用させていただきます。市民と力を合わせてこの大雪の状況を乗り切っていきます」と伝えました。
 また、東洋メンテナンスは教育関係に役立ててほしいと、昨年、おととしと市に寄付をしています。髙橋市長は、度重なる善意にあらためて感謝の言葉を伝えました。

高橋誠悦育英会の方々が市長に事業を報告~1月19日~

市長と懇談する高橋誠悦育英会事務局の皆さん

市長と懇談する高橋誠悦育英会事務局の皆さん

 財団法人高橋誠悦育英会の方々が1月19日、髙橋市長を訪れ事業の報告を行いました。
 訪れたのは財団法人高橋誠悦育英会の池田勇助理事長、中村昭一常務理事、吉沢昴理事の3人で、これまでの会の事業などを報告しました。
 高橋誠悦育英会では、確固たる目的意識を持って勉学に励む意欲のある横手市出身の大学生に奨学金を無利子で貸与してきました。平成26年度からはこれまでの貸与による支給事業を、返済を求めない制度変更して会の事業を運営していくことになり、市長に優秀な人材にぜひ活用してほしい旨を説明しました。髙橋市長は、「ご支援に深く感謝いたします。これからも横手の若者たちに制度を知ってもらい、有効に活用してもらいたいと思います」と話しました。
 会では、今後も学校などにPRを続け、多くの学生に奨学金支給事業を利用してほしいとしています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話