ページ本文

塩湯彦神社(山内)

塩湯彦神社の情報

塩湯彦神社(大松川)

塩湯彦神社(大松川)

 御嶽山頂、標高744メートルに鎮座する横手盆地きっての古社、豪族・清原氏一門が祖先神として祀った神社です。927年、醍醐天皇が定めた「延喜式神名帳」に記された、秋田県内三座のうちの一座で知られ、昭和38年(1963)豪雪のため社殿倒壊し昭和57年に再建されました。
 五穀豊穣、家内安全、合格祈願、雨乞いの神として信仰されています。

塩湯彦神社の基本情報

期間 5月~11月頃(冬季間通行不可能)
場所 秋田県横手市山内大松川字御嶽山3
交通 国道107号ダム入口より車で1時間
料金
問合せ先 横手市山内地域局山内地域課
電話:0182-53-2111(代)
URL  
備考  

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光おもてなし課(観光企画係)
所在地:〒013-0036 秋田県横手市駅前町1番10号   
電話番号:0182-32-2118 ファックス:0182-36-0088
メールアドレス:kanko@city.yokote.lg.jp

代表電話