高額療養費:特定疾病の認定を受けるにはどうしたらいいのですか。

認定を受ける場合には、必要なものを持参して国保市民課または各地域局市民サービス課に申請してください。

「特定疾病の認定」
長期にわたり高額な医療費がかかる下記の1から3の特定疾病の場合は、認定を受けることで自己負担額が10,000円(入院・外来別、複数医療機関受診の場合は除く)となります。
ただし、70歳未満の人工透析が必要な慢性腎不全の方で、上位所得世帯の方は自己負担額が20,000円となります。
1.血友病
2.人工透析が必要な慢性腎不全
3.血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

【申請窓口】
国保市民課または各地域局市民サービス課

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

【必要なもの】
・世帯主の印鑑
・保険証
・世帯主と被保険者の個人番号(マイナンバー)を証明するものと、窓口にこられた方の本人確認ができるもの(詳しくは関連資料欄を参照ください)
・同疾病であることを証明できるもの(医療機関の証明等)

【申請書】
国民健康保険特定疾病認定申請書

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国保市民課(国民健康保険係・後期高齢者医療係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuhoshimin@city.yokote.lg.jp

代表電話