ページ本文

横手市スポーツ大使

横手市では、平成25年4月にスポーツをキーワードに元気なまちづくりと地域の活性化、生涯を通じた豊かなスポーツライフづくり、競技力の向上などのスポーツ振興を市民と一体となって推進するため、「スポーツ立市よこて」を宣言しました。
「横手市スポーツ大使」は、横手市出身でスポーツに携わり、ご活躍されている方々の中から任命させて頂き、スポーツ立市よこてのシンボル的な存在として市民に夢と勇気、そして活力を与えていただくためご活躍いただいております。

長谷川 誠氏

長谷川 誠氏

長谷川 誠氏

【プロフィール】
沼館小、雄物川中、能代工業、日本大卒。
高校1年からインターハイ、国体、ウィンターカップに出場、大学三冠も獲得。
社会人では新人王とMVPを獲得し、ユニバーシアード大会では日本を国際舞台最高の準優勝に導くとともに、本大会得点王に輝いた。
日本にプロバスケットボールリーグがない中で、初めてプロ契約した先駆者であり、その後、アメリカ独立プロリーグ(ABA)にも所属し、日本人初の海外プロリーグ選手になるなど、日本バスケットボール界のパイオニア的な存在である。

酒井 勝充氏

酒井 勝充氏

酒井 勝充氏

【プロフィール】
横手市平鹿町出身、秋田県立増田高校卒業後、小西六(現コニカミノルタ)に入社。
1992年からコニカミノルタ陸上競技部監督に就任し、全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)を2001年の初制覇から2014年までに8回優勝する強豪チームに育て上げた。
2013年4月1日からコニカミノルタ陸上部の総監督に就任。2012年11月、日本陸上競技連盟の強化副委員長に就任し、日本の中長距離・マラソン・競歩強化の総括役。

【メッセージ】

今思い返すと雪が多く大変な時期もありましたが、自然豊かなこの地で陸上競技・勉学に打ち込むことにより、心身ともに大きく成長させていただきました。
横手市民の皆さん自然環境をフルに生かし、心身を鍛え、常に明るく活力ある豊かな人生を送ってください。

高橋 勇市氏

高橋 勇市氏

高橋 勇市氏

【プロフィール】
横手市黒川地区出身、高校生の時に目の難病に冒され失明。
1996年からマラソンを始める。
2004年アテネ・パラリンピック マラソンで金メダルを獲得、その後もトップランナーとして北京(16位)、ロンドンパラリンピック(7位入賞)を果たす。
横手市民栄誉賞、秋田県民栄誉賞を受賞。

【メッセージ】

皆さん、スポーツしていますか?体を動かすのが嫌いな方、いらっしゃいますか?
嫌いでも今日から皆さんは、スポーツ立市よこての一員ですから、一緒にスポーツで汗を流しましょう。
「農作業で体を動かしているから十分運動している。」とおっしゃる方がいますが、それは運動した事にはなりません。
農作業の後は体が疲れていますが、スポーツの後は体が爽快です。
スポーツをする事は良い事づくしです。体や脳が活性化し、体も心も元気になります。体脂肪が燃えます。老化防止になります。沢山のお友達が出来、そのお友達は一生の宝物になります。
今日から、出来そうなスポーツから初めてみましょう。

竹林 宏氏

竹林 宏氏

竹林 宏氏

【プロフィール】
横手市十文字町出身、秋田県立横手高校を経て早稲田大学卒業後、1987年NHK入局。
現在NHKグローバルメディアサービスでスポーツアナウンサーとしてプロ野球他スポーツ中継で活躍中。

【メッセージ】

こんにちは。十文字町出身の竹林と申します。
スポーツの取材をしていると、選手たちが「勝つ喜び」以外に多くのものを得ていることがわかります。
我慢づよさ、工夫する力、感謝の心、相手を敬う心、仲間を支える心などなど。
故郷の小中高生の皆さん。ぜひスポーツを長く続けてください。そして、心も体も豊かで強くなってください。
少しでもお役に立てれば幸いです。
よろしくお願いします。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部スポーツ振興課
所在地:〒013-8600 秋田県横手市条里二丁目2-50(横手就業改善センター内)   
電話番号:0182-35-2173 ファックス:0182-32-6120
メールアドレス:supotusinko@city.yokote.lg.jp

代表電話