ページ本文

横手市の交通安全対策について

「交通死亡事故ゼロの横手市を目指して」

  横手市における交通事故件数は年々減少傾向にあるものの、年間200件以上の交通事故が市内で発生しています。一瞬にして尊い命を奪う悲惨な交通事故の防止は、市民の皆様の安全安心を確保していく上で重要な課題であり、警察署をはじめ関係機関と連携して総合的かつ計画的に対策を推進していきます。

横手市交通安全対策会議

  横手市交通安全対策会議(会長:横手市長)は、交通安全対策基本法や横手市交通安全対策会議条例に基づき、市長の附属機関として横手市における交通安全に関する総合的な施策の企画に関して審議し、その施策の実施を推進するために設置しているものです。
  委員は、国や県の関係機関の職員・警察署長・各地区交通安全協会長・各種交通安全団体の長・市の職員(教育長及び消防長等)など、計13名で構成しています。

 平成28年9月16日開催の横手市交通安全対策会議において、「第10次横手市交通安全計画」を策定しました。

横手市交通指導員

  交通指導員は、交通事故の防止や交通安全運動の推進などのため、横手市交通指導員設置条例に基き市長が任命する非常勤職員です。
  【主な業務】
    ・交通事故防止のための必要な街頭指導
    ・児童生徒や園児などに対する登下校時の誘導保護
    ・市の行事やイベントの際の交通誘導や安全確保
    ・交通安全教室、講習会における交通安全指導
  【体制】
    横手交通指導隊・増田交通指導隊・平鹿交通指導隊・雄物川交通指導隊・大森交通指導隊・十文字交通指導隊・山内交通指導隊・大雄交通指導隊の8隊
  【報酬】
   月額:15,000円

横手市交通安全母の会

交通安全母の会による路面表示作業(横手母の会)

交通安全母の会による路面表示作業(横手母の会)

 横手市交通安全母の会は、「交通安全は家庭から」を合言葉に、母親という立場から特に子どもと高齢者の交通事故防止と飲酒運転の根絶をはかり、交通事故のない安全安心なまちづくりに寄与することを目的としています。
 横手市には、8つの地域に交通安全母の会が組織され活動を行っています。
  【主な業務】
     ・交通安全啓発パレード&保育園訪問 (交通安全紙芝居)
   ・一人ぐらし高齢者世帯や子どもがいる家庭等への訪問啓発活動
     ・通学路や通園路上の路面表示作業
   

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部地域づくり支援課(地域調整係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2266 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:chiikishien@city.yokote.lg.jp

代表電話