ページ本文

大規模小売店舗立地法

大規模小売店舗立地法について

 大型の小売店舗は、小型のそれに比べて集客力が格段に強く、営業のために大量の商品を要し、生活に密接な関わりを有する施設です。利用する消費者にとっては、大変便利な存在ですが、人々の生活圏近くに立地する大型店は、その規模ゆえに周辺環境に対して様々な影響を及ぼす可能性があります。
 例えば、駐車場を利用する自動車の走行や、商品の荷捌きによって発生する騒音、大型店の利用者による店舗周辺の交通渋滞、営業に伴って発生する廃棄物による周辺環境の汚染などがあげられます。
 そこで、こうした悪影響が発生しないよう、大型店の設置者に対して問題への対応や周辺環境への配慮を求めるのが大規模小売店舗立地法です。

※店舗面積(小売業を行うために使用される面積)の合計が1,000平方メートルを超えるものを「大規模小売店舗」としています。

大規模小売店舗設置者の皆様へ

 平成18年度から大規模小売店舗立地法に基づく届出事務は県から市へ移譲されています。届出は横手市役所商工労働課までお願いします。

○届出の必要な場合(概要)
 ・大規模小売店舗を新設するとき(法第5条1項)
 ・大規模小売店舗の名称・所在地、設置者及び小売業者の氏名・名称・住所・代表者名を変更するとき(法第6条1項)
 ・店舗の新設日、店舗面積の合計、店舗の施設の配置、店舗の運営方法を変更するとき(法第6条2項、法附則第5条1項)
 ・大規模小売店舗を1,000平方メートル以下に縮小、もしくは廃止するとき(法第6条5項)
 ・大規模小売店舗を譲渡・相続・合併・分割等により継承したとき(法第11条3項)

 〇横手市大規模小売店舗立地法手続要綱
 〇横手市大規模小売店舗立地法手続要綱_様式集
 〇新設(法第5条第1項)、変更(第6条第2項・法附則第5条第1項)に係る基本的な手続きの流れを、以下にまとめておりますのでご参照ください。

市民の皆様へ

 大規模小売店舗の設置者から提出された届出内容は商工労働課で見ることができます。縦覧期間は届出を公告した日から4ヶ月です。
 届出内容に対して、当該大規模小売店舗の周辺地域の生活環境の保持のために配慮すべき事項等について意見がある場合は、住所・氏名・意見を述べる大規模立地店舗の名称・意見を述べる理由を付した意見書を、商工労働課に提出してください。

現在縦覧中の届出一覧
届出 店舗名称 縦覧期間 告示
 6条1項
(変更)
 フレスポ横手2  平成29年7月18日から
平成29年11月20日まで
横手市告示第122号
 6条2項
(変更)
 フレスポ横手2  平成29年7月18日から
平成29年11月20日まで
横手市告示第123号
 6条1項
(変更)
ケーズデンキ横手店  平成29年10月6日から
平成30年2月6日まで
横手市告示第159号
 6条1項
(変更)
ビックフレック横手店  平成29年10月6日から
平成30年2月6日まで
横手市告示第160号

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部商工労働課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2115 ファックス:0182-32-4021
メールアドレス:shoko@city.yokote.lg.jp

代表電話