ページ本文

産業競争力強化法に基づく横手市創業支援事業計画が認定されました

 本市では、国の産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画の第5回認定(平成27年5月20日)を受け、横手商工会議所、よこて市商工会、日本政策金融公庫、横手市内金融機関、秋田県信用保証協会と連携し、創業希望者に対して、起業ワンストップ相談窓口、創業塾、インキュベーション施設(Bizサポートよこて)、開業後のフォローアップ等を提供しております。

 この認定により、横手市及びよこて市商工会が実施する「起業塾」や、本市のインキュベーション施設である「Bizサポートよこて」での創業支援が、産業競争力強化法に基づく特定創業支援事業に位置づけられることとなります。

 この特定創業支援を受けた創業者や創業準備者には、以下に掲げる金銭面でのサポートが適用されます。

横手市創業支援事業計画の概要

概要


特定創業支援事業を受けた創業者への支援について

 【特定創業支援事業とは】
 市または認定連携創業支援事業者が創業を行おうとする方に対し実施する継続的な支援で、「経営・財務、人材育成、販路拡大」の4つの知識が身につく事業のことをいいます。
 
 横手市での特定創業支援事業は、横手市及びよこて市商工会が実施する「起業塾」とインキュベーション施設(Bizサポートよこて)となり、市が発行する証明書により以下の支援を受けることが出来ます。

○株式会社を設立する際の登録免許税が半額(資本金の0.7%→0.35%、最低税額は通常15万円のところ7.5万円)となります。
○創業2ヶ月前から対象となる創業関連保証の特例が、事業開始6ヶ月前から対象となります。

市が発行する証明書はこちら



平成28年度予算「創業・第二創業促進補助金」における特定創業支援事業に係る確認書について

 平成28年度予算事業である創業・第二創業促進補助金では、産業競争力強化法に基づく認定市区町村で創業し、創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者から特定創業支援事業を受ける者を対象者としております。

 上記を証する書類として、既に同事業を受けた場合は、証明書の写しを提出し、現在、同事業による支援を受けており、補助金申請時点で証明書が発行されていない場合や、補助事業期間中に受ける見込みのある場合は、認定市区町村又は認定連携創業支援事業者からの確認書を提出いただくことになります。

確認書はこちら


中小企業庁HPはこちら → 創業・第二創業促進補助金

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部商工労働課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2115 ファックス:0182-32-4021
メールアドレス:shoko@city.yokote.lg.jp

代表電話