ページ本文

冬期間の火災予防と油漏れ事故について

火災の起こりやすい冬期間の火災予防及び油漏れ事故についてお知らせします。

万が一に備え、避難経路を確保していますか?

除雪

 横手市は全国でも有数の豪雪地帯となっており、多くのご家庭で冬囲いをしていますが、万が一火災や地震が発生した時、この積雪冬囲い避難の障害となる場合があります。

ご自宅や会社、店舗等の周囲を今一度確認して、災害が発生した場合、安全、確実、迅速に避難できるよう、二方向以上の避難経路の確保避難口の除雪をしましょう。

積雪の多くなるこの季節、屋根からの落雪除排雪作業により、ホームタンクやその配管、ストーブ等の煙突、ガスボンベ等が破損する事故が例年発生しています。このような事故が発生しないよう注意し、万が一油漏れガス漏れ等の異常に気が付いた時は、すぐに119番消防署へ通報してください。

一人暮らしの高齢者や障がい者世帯等には特に配慮し、お互いに助け合うよう心がけましょう。

石油ストーブなどの安全な取扱いについて

石油ストーブなど
 



  
 
  例年、12月から4月までの寒い時期に、暖房機器など、建物の中で火を取り扱う機会が増え、建物火災の発生件数が増加する傾向にあります。
 暖房機器としてストーブを使用されているご家庭が多く、また東日本大震災以降、100V電源を使用しない石油ストーブが再度注目され、使用されているご家庭が増えています。
 石油ストーブなどから火災を起こさないために次のことに注意しましょう。

 (1)使用する前に、必ず点検と整備をしましょう。
 (2)石油ストーブなどの周りには燃えやすいものを置かないようにしましょう。
 (3)石油ストーブなどに給油する際は、必ず火を消してから行いましょう。
 (4)ガソリンを給油する等、誤給油に注意しましょう。


 ※財団法人日本ガス石油機器工業会の「石油機器の安全チェックリスト」がありますので、ご活用ください。

   「石油機器の安全チェックリスト」(PDF形式1297KB)

 石油ストーブなどを使用する前にチェックして、安全に取扱いましょう。


 ※独立行政法人 製品評価技術基盤機構のリーフレット

   「冬 ついうっかりが思わぬ事故に」(PDF形式1359KB)


  総務省消防庁「住宅防火」へのリンク

  社団法人日本ガス石油機器工業会へのリンク

油漏れ事故にご注意ください

<油漏れ事故にご注意ください>
 寒さも厳しくなる冬、暖房器具等の燃料として灯油を使うことが多くなります。例年この時期に、ホームタンク等からの灯油の小分け作業中の油漏れ事故が多発しています。油漏れ事故を起こすと「油の回収、処理」に多大な費用がかかります。

 油漏れ事故を防ぐために次のことに注意しましょう。
  (1)ホームタンクから小分けする時は、絶対にその場を離れないようにしましょう。
  (2)屋根からの落雪、除排雪作業による油配管の破損等に注意しましょう。
  (3)ホームタンク等の油量を常に把握し、異常な減り具合が無いか確認しましょう。

 ※万が一、油漏れに気づいたらそのまま放置せず、すぐにお近くの消防署、警察署、市役所各地域局へご連絡ください。
 
  
「油漏れ事故パンフレット」へのリンク(国土交通省 湯沢河川国道事務所 河川管理課)
油漏れ事故
※油漏れについては、下記のページもご覧ください。

「油漏れにご注意ください!」
へのリンク

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

消防本部予防課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-32-1218 ファックス:0182-33-1300
メールアドレス:shoubou-yobou@city.yokote.lg.jp

代表電話