ページ本文

(5)住宅用火災警報器の設置によって大事に至らなかった事例

 ここでは、横手市内で「住宅用火災警報器」が有効に作動して、大事に至らなかった事例を紹介しています。

住宅用火災警報器の設置によって大事に至らなかった事例

住警器消太
ちけででえがったぁ!
「住宅用火災警報器」
  えがったぁ!えがったぁ!
事例 1
 午前11時頃、家人がガスコンロに鍋をかけ外出したため、鍋から煙が上がり、玄関ホールに取り付けていた「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、道路を歩いていた女性が、窓から煙が出ているのを見つけ、警報音を確認して119番通報したため、火災には至らなかったものです。
事例 2
 午前7時頃、家人がガスコンロに鍋をかけ忘れて外出したため、鍋から煙が上がり「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、近所の住民が警報音に気づき、施錠されていない住宅窓から進入したところ、鍋から煙が上がっており、ガスコンロの火を止め119番通報したため、火災には至らなかったものです。
事例 3
 午後11時50分、家人が鍋にインスタントラーメンを入れガステーブルに掛けたまま、テレビを見ていて寝込んでしまい、インスタントラーメンが焦げて発生した煙により「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、隣のアパートの住人が異臭と警報音に気づいて110番通報し、警察官からの指示により、アパートの住人を避難させたものです。
 当事者は、外で窓を叩く音と警報音で目を覚まし、ガステーブルの火を止めたので、火災には至らなかったものです。
事例 4
 午前2時頃、住宅敷地内で火災が発生し、住宅内に入り込んだ煙により「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 就寝中の家人が警報音で目覚めて火災を発見し、119番通報と消火器や水道水で初期消火を実施、住宅の一部を焼いただけで大事には至らなかったものです。
 就寝中の火災であり、「住宅用火災警報器」が設置されていなければ発見が遅れ、大きな被害が発生したと予想されます。「住宅用火災警報器」により命が救われた事例と言えます。
事例 5
 午前2時頃、トイレ付近で火災が発生し、廊下に設置していた「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、1階に寝ていた家人が警報音で目が覚め、住宅内に煙が立ち込めていたため、家族で浴槽に張っていた水で初期消火し、住宅の一部を焼いただけで大事には至らなったものです。
 就寝中の火災であり、「住宅用火災警報器」が設置されていなければ発見が遅れ、大きな被害が発生したと予想されます。「住宅用火災警報器」により命が救われた事例と言えます。
事例 6
  午後7時30分頃、2階から火災が発生し階段室の「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、1階台所で家人が後片付け中、警報音に気づいて確認しにいったところ、階段及び2階廊下に煙が立ち込めており、すぐに火事ぶれをして2階で就寝中の男性を避難させることができたものです。
 「住宅用火災警報器」が設置されていなければ、火災に気づかず逃げ遅れた可能性があります。「住宅用火災警報器」により命が救われた事例と言えます。
事例 7
 午前6時50分頃、共同住宅に設置された電気コンロのスイッチを家人が誤っていれ、そのまま外出しため、電気コンロ上に置かれていた電気ポットが加熱され溶融し煙が発生、警備会社移報式の住宅用火災警報器が煙を感知し消防機関に通報されたものです。
 「住宅用火災警報器」が設置されていなければ発見が遅れ、大きな被害が発生したと予想される事例といえます。
事例 8
  午後0時50分頃、通行人が「住宅用火災警報器」の警報音に気づき、住宅内を確認して火災を発見、初期消火と119番通報したものです。
 留守中の住宅で発生した火災でしたが、早期発見、早期通報により、住宅の一部を焼いただけで大事には至らず、「住宅用火災警報器」が設置されていなければ、大きな被害が発生したと予想される事例といえます。
事例 9
 午後5時25分頃、家人が1階台所でガスコンロに鍋をかけ、その場を離れたところ、居間に設置していた住宅用火災警報器が作動したものです。
 この事例は、家人が警報音に気付いて台所に向かうと、鍋の内容物が焦げて煙が出ており、直ぐにガスコンロの火を止めたため、火災に至らなかった事例です。
 
事例 10
 午前11時30分頃、共同住宅の住人がフライパンで調理中、ガスコンロの火を消し忘れてそのまま外出したため、フライパンから煙が上がり、寝室の「住宅用火災警報器」が作動したものです。
 この事例は、共同住宅を訪れた人が警報音に気づいて携帯電話で119番通報し、消防隊が確認したところ、室内に煙は充満していたものの、フライパンの内容物が焦げただけで火災に至らなかったものです。
 「住宅用火災警報器」が設置されていなければ発見が遅れ、大きな被害が発生したと予想される事例といえます。 

                            
(※平成28年10月25日までの事例です。)

住警器消子
 ※全国の奏功事例については、総務省消防庁ホームページの「住宅防火情報」でご覧いただけます。

     ・住宅防火情報(総務省消防庁のホームページへリンク)
    ・大事に至らなかった事例選集pdf(337KB)へリンク(住宅防火情報から)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

消防本部予防課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-32-1218 ファックス:0182-33-1300
メールアドレス:shoubou-yobou@city.yokote.lg.jp

代表電話