ページ本文

国民健康保険税-減免

国民健康保険税の減免制度

 国民健康保険税は、前年の所得をもとに税額を決定しますが、失業や経営不振、病気療養等の原因で前年の所得に比べて今年の所得が大幅に減るなど、分割納付等の徴収猶予を行なっても担税力がなく国民健康保険税の納付が困難と認められる場合は、保険税を減免する制度があります。
 市では、申請に基づき、申請世帯の同意の下に、世帯の方々の所得や資産等の調査を行い、総合的に判断し、減免の可否を決定します。
 減免の申請には、納期限(特別徴収の場合は、年金支給日)の7日前までに所定の申請書と必要書類の提出が必要です。納期の過ぎたものは減免できません。
 減免申請対象者の条件の概要は以下のとおりです。
生活保護法の規定による保護を受けている、または同程度に生活に困窮していると認められる場合
世帯主及び被保険者の失業・疾病・負傷などにより、その年の所得が前年の1/2以下に減少すると見込まれる場合
災害により世帯主等の所有に係る財産について、甚大な損失(保険金等により補填されるべき金額を除く)を被った場合、事業等の倒産又は債務返済のため土地家屋等を譲渡し、その大半を返済に充てた場合など
 
 
(申請手続き)
 税務課や各地域局市民サービス課市民生活係にて減免の相談をお受けいたします。
 おいでのときは、現在の暮らしの状況がわかるもの(預貯金通帳、保険証書、雇用保険受給者証や離職証明書、経営者であった方については、廃業届や倒産手続き申立て書類など)をご持参いただきますようお願いいたします。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(保険税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-32-2510 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shiminzei@city.yokote.lg.jp

代表電話