ページ本文

認定農業者制度

認定農業者制度とは?

 経営規模の拡大や、複合化により地域農業の担い手として頑張っていこうとする農業者を市・関係団体が支援する制度です。 意欲ある農業者が自らの経営を見直し、計画的に改善するために作成する「農業経営改善計画書」を横手市が認定することで、あなたも認定農業者になれます。

認定農業者になるための用件は?

 認定農業者制度は、地域の担い手として頑張っていこうとする農業者を幅広く支援・育成する制度ですので、性別、年齢、個別経営・法人経営、専業・兼業の区別なく認定の対象となります。 また、家族経営協定等を締結する等、一定の条件を満たせば、夫婦や親子で共同申請による認定農業者となることもできます。

農業経営改善計画を作成しよう!

 経営規模や所得を数字で表しながら自らの経営の現状を点検し、5年後の経営目標と達成に向けた取り組みを具体的に書き込みます。
※申請書の書き方は、市、県農業振興普及課およびJAでお手伝いします。
※提出があってから認定まで1~3ヶ月程度かかる場合があります。急ぎの場合は提出窓口にてご相談下さい。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

農林部農業振興課(農業政策係・担い手育成係)
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2112 ファックス:0182-32-4037
メールアドレス:nogyoshinko@city.yokote.lg.jp

代表電話