ページ本文

農業経営基盤強化促進法に基づく基本構想

基本構想とは

  • 効率的かつ安定的な農業経営を育成し、これらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造の確立に資するため、農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)第6条に基づき、市町村が定めることができるものです。
  • 効率的かつ安定的な経営体の基本的指標やこれら農業経営が営む利用集積目標及びこれら農業経営を育成するために必要な基本事項を定めています。

基本構想の見直し

 当市では、市町村合併後の平成18年4月に策定した(平成22・25年度変更)基本構想をもとに農業経営の基盤強化を進めておりますが、平成26年度国の農政改革よる認定就農者制度の位置付けや農地中間管理機構の設置に伴い、県の基本方針が平成26年6月に変更されたことにより、市の基本構想を変更する必要が生じたため、平成26年9月に基本構想の変更を行いました。

平成26年9月の主な変更点

1 新たに農業経営を営もうとする青年等の年間確保目標数の設定
  【改正後】年間確保目標数 30人

2 効率的かつ安定的な農業経営の基本的指標の見直し
  【改正前】個別経営体 24営農類型、組織経営体 2営農類型 目標農業所得 420万円
  【改正後】個別経営体 36営農類型、組織経営体 7営農類型 目標農業所得 420万円

3 新たに農業経営を営もうとする青年等が目標とすべき農業経営の基本的指標の設定
  【改正後】個別経営体 36営農類型、組織経営体 7営農類型 
        目標農業所得  210万円以上(420万円の5割以上)

 4 効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の集積に関する目標及び農用地の面的な集積に関する目標の見直し。目標年度を県方針に合わせ平成32年度に変更。
  【改正前】 75%
  【改正後】 85%

5 農地中間管理機構が行う特例事業に関する事項の設定

6 新たに農業経営を営もうとする青年等の育成・確保に関する事項の設定
  (1) 新たに農業経営を営もうとする青年等の確保に向けた取組
  (2) 新たに農業経営を営もうとする青年等の定着に向けた取組
  (3) 関係機関等の役割

横手市基本構想【平成26年9月変更】

関連リンクから基本構想の内容がご確認いただけます。ご覧ください。

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

農林部農業振興課(農業政策係・担い手育成係)
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2112 ファックス:0182-32-4037
メールアドレス:nogyoshinko@city.yokote.lg.jp

代表電話