ページ本文

人・農地プラン(地域農業マスタープラン)

 農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。
 平成24年度から国(農林水産省)が事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配される中、5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地域や集落の話し合いに基づきとりまとめるプラン(計画)です。
 プランのとりまとめ役は市町村で、地域の農業の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心となる経営体」と呼び、農地の集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農地利用の”設計図“を描いていきます。

「人・農地プラン」事業とは

「人・農地プラン」は地域農業の未来図を設計します
 国では、目標とする『持続可能な力強い農業』の実現に向けて、農地集積による大規模化と農地の流動化を推進しており、その目安としては、土地利用型農業(※)について、平地で20~30ヘクタール、中山間地域で10~20ヘクタール規模の農業経営体(専業農家、法人・集落営農組合など)にまとめることとしています。
 また、『持続可能な力強い農業』を目指す上で課題となる、農家の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などといった「人と農地の問題」の解決に向けて、5年後あるいは10年後に誰がどのように農地を利用するのかを、プラン作成時から5年後を基準として計画をとりまとめます。
 このプランでは、地域の農業の担い手を「地域の中心となる経営体」と呼び、今後5年間の農地の集積計画や利用図を作成し、5年後の土地(農地)利用の”設計図“を描きます。

※土地利用型農業:米や麦、大豆、そば、なたね、てん菜、でんぷん原料用ばれいしょを生産する農業

「人・農地プラン」決定までの流れ

「人・農地プラン」作成の流れイメージ/全農家へのアンケート調査・集落等への意向調査/土地利用図の素案を作成/地域・集落での話し合い/プラン原案を作成/プラン検討委員会での審査/人・農地プランとして正式決定
 「人・農地プラン」では、次の3つの書類を作成することになっており、農家の意向調査や地域・集落での話し合いに基づき、横手市がこの3つの書類からなるプラン原案を作成します。
 プラン原案は、「横手市人・農地プラン検討委員会」で審査され、プランの内容が認められれば、正式に「人・農地プラン」として決定されます。

 また、「人・農地プラン」は、地域に新たな担い手(新規就農者や後継者など)ができたときや、農業経営を継続できないとして農地を手放す農家が生じたときなど、地域の状況が変化した場合には、随時見直すことができます。
 プランを見直し(変更)する場合は、年に数回予定される人・農地プラン検討委員会で随時審査されます。
 市内全域をカバーする8地域のプランが、平成25年2月に策定されました。

人・農地プランで作成する3つの書類

  1. 人・農地プラン(地域マスタープラン):地域の中で中心となる経営体(受け手)やそれ以外の農業者(出し手、そのままの規模で経営を継続する人など)をリストアップし、地域や集落の土地利用の方向性を定めます。
  2. 農地の集積計画表(工程表):「地域の中心となる経営体」に、いつ、どのように農地を集積するかを工程表にまとめます。
  3. 農地利用図:5年後の農地利用の将来像を地域の図面の中に示します。

横手市人・農地プラン検討委員会

 人・農地プラン検討委員会は、農業関係機関や農業者などで構成されることとなっており、横手市人・農地プラン検討委員会は、次のような構成メンバーとなっています。

所属機関等 役職等 人数
横手市農林部 農林部長 1人
秋田県平鹿地域振興局農林部 農業振興普及課長 1人
横手市農業委員会 農業委員 5人
横手市農業委員会 事務局長 1人
秋田ふるさと農業協同組合 理事 3人
秋田ふるさと農業協同組合 担い手支援室長 1人
秋田ふるさと農業協同組合 営農経済部次長 1人
秋田県農業共済組合横手市支所 女性部代表 1人
秋田県農業共済組合横手市支所 農産課長 1人
主食集荷商業協同組合横手地区組合 事務局長 1人
秋田県雄物川筋土地改良区 事務局長 1人
秋田県南旭川水系土地改良区 事務局長 1人
大森土地改良区 事務局長 1人
山城水系土地改良区 事務局長 1人
横手市認定農業者協議会 会長 1人
JA秋田ふるさと農業法人連絡協議会 会長 1人
JA秋田ふるさと集落営農連絡協議会 会長 1人

検討委員会の開催について

日時:平成29年8月23日(水)午前10時~11時
会場:平鹿生涯学習センター 多目的ホール
協議結果の公表: PDF形式:480KB

「人・農地プラン」の関連施策

 「人・農地プラン」に農業経営体としてリストアップされることを「プランに位置付けられる」といい、それぞれの立場によってさまざまな関連施策を利用することができます。

【その1】農業次世代人材投資事業(経営開始型)

 次世代を担う農業者となることを志向する方に対して、就農直後の経営確立に資する農業次世代人材投資金を交付することにより、青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図ります。

【その2】農地中間管理機構

 農地中間管理機構とは、人・農地プランの作成プロセス等において出された、「信頼できる農地の中間的受け皿があると人・農地問題の解決を進めやすくなる」といった意見を踏まえ、国が整備した農地の調整組織です。

 詳細は、こちらのリンクページをご覧ください。

【その3】スーパーL資金の実質無利子化

 地域の中心となる経営体に位置づけられた認定農業者が、スーパーL資金(農業経営基盤強化資金)を借入した場合、その借入金の当初5年間が実質無利子になります。

地域の農地のこと、地域で話し合ってみませんか。(人・農地プラン)

 横手市においても他地域と変わらず、高齢化・後継者不足により、耕作が困難になり、農地を任せたいと考える方が増える一方、受け手にとっても、今まで分散した農地をやみくもに集積してきた結果、新たな農地の借り入れについて難しい状況になりつつあります。 このような状況を少しでも改善するため、横手市は、円滑化団体JA秋田ふるさとと連携し、地域の話し合いのお手伝い(人・農地プランの作成(変更)の支援)をさせていただきます。
=具体的な支援例=
  1. 集落等での説明会を開催します。
  2. 出し手農地に関するアンケートや図面を作成します。
  3. 農地集積に関する交付金の相談を受けます。
  4. 法人化や利用権設定(賃貸借契約)などの相談を受けます。
  5. 地域の話し合いの設定や調整を行います。 
  • 担い手間の集積エリアや、貸借による交換等の話し合いを調整します。
  • 出し手との連携(草刈や水管理に関する協力など)に関する話し合いを調整します。

人・農地プラン地域の話し合いの開催について

次の通り地域の話し合いを開催します。
詳細は、 こちらのチラシ(PDF形式:143KB)をご覧ください。
地 域 開催日        会 場
横 手 7月10日(月) 旭公民館
増 田 7月11日(火) 増田地区多目的研修センター
平 鹿 7月12日(水) 平鹿地域局
雄物川 7月13日(木) 雄物川コミュニティセンター
大 森 7月14日(金) 大森地域局
十文字 7月18日(火) 十文字西地区館
山 内 7月19日(水) 山内公民館(山内地域局2階)
大 雄  7月20日(木) 大雄地域局
※いずれの会場も午後6時30分から開催します。

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

農林部農業振興課(農業政策係・担い手育成係)
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2112 ファックス:0182-32-4037
メールアドレス:nogyoshinko@city.yokote.lg.jp

代表電話