ページ本文

福祉医療制度について

医療費の自己負担額を助成します

福祉医療費助成制度は、乳幼児(未就学児)及び小中学生、ひとり親家庭の児童と親、高齢身体障害者および重度身体障害(児)者の心身の健康保持と生活の安定をはかるため、医療費の保険適用分の自己負担額を助成する制度です。
この制度にかかる費用は、秋田県と横手市が負担します。(ひとり親家庭の親の制度にかかる費用においては横手市のみで負担します。)

平成28年8月から対象者を中学生まで拡大しています。
中学生の方が8月からマル福を利用するためには、事前に申請書の提出が必要です。詳細は次の『福祉医療制度 中学生拡大について』から確認してください。

福祉医療支給対象者は

各種医療保険に加入し、横手市に住所を有する次の方が対象となります。
名称 対象者 所得制限
乳幼児(未就学児)及び小中学生 中学校終了年度の3月31日までの間にある児童
ひとり親家庭の児童及び親 18歳に達した日以降の最初の3月31日までの間にある児童(社保本人を除く)
その他詳しい対象者についてはこちらをご確認ください【ひとり親対象者
所得制限あり
高齢身体障害者 65歳以上の身体障害者手帳4~6級を持っている方 (社保本人を除く) 所得制限あり
重度身体障害(児)者 身体障害者手帳1~3級を持っている方又は療育手帳Aを持っている方

所得制限あり
(社保本人のみ)

 

対象者の拡大について


横手市に住所がある子供において、仕事などの理由により保護者の住所が
県外にある場合は、これまでは横手市の福祉医療制度の対象となることが
できませんでしたが、平成29年4月1日より条件が緩和されたことにより、
対象となる場合があります。
詳しくはお問合せください。

 

福祉医療費受給の申請は

福祉医療を受給する方は、現在加入している健康保険証、印鑑(高齢身体障害者、重度身体障害(児)者医療費助成の場合は、身体障害者手帳、療育手帳)を持参し、各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)で手続きして下さい。該当する方には「福祉医療費受給者証」が交付されます。 ※転入される方は、所得証明書(配偶者控除の有無、扶養人数、各種控除の額、市町村民税の額が記載されたもの)が必要となる場合がありますので、お問合せください。

医療機関を受診するときは

健康保険証と「福祉医療費受給者証」を提示して下さい。県内の医療機関では、保険適用分の自己負担分を支払うことなく診療を受けられます。ただし、県外の医療機関では適用されませんので、この場合は領収書、通帳び印鑑を持参し、各地域局市民サービス課(横手地域は国保年金課)で手続きすれば、払い戻しを受けることができます。(治療用装具の費用、未熟児養育医療などは医療機関等で支払いがありますが、同様に払い戻しが受けられます。)

福祉医療の更新は

「福祉医療費受給者証」の有効期限は毎年7月31日までですので、8月1日に更新となります。このため、毎年「福祉医療費受給者証更新申請書」を提出して更新手続きをする必要があります。現在該当されている方には更新の案内通知をしますので、忘れずに手続きされますようお願いします。(受給対象の区分や年齢により有効期限が異なりますので、ご留意ください。)
また、以前に所得制限により該当にならなかった方でも、前年中の所得によっては該当となる場合がありますので、お問い合わせください。

福祉医療費受給者の各種届出は

次のような変更があった場合は、速やかにお届けください。
変更等 持参していただくもの
加入している健康保険が変わったとき 健康保険証・受給者証・印鑑
住所や氏名が変わったとき 受給者証・印鑑
ひとり親家庭でなくなったとき 受給者証・印鑑
転出、死亡したとき 受給者証・印鑑
身体障害者手帳、療育手帳の等級が変わったとき 受給者証・印鑑
受給者証・印鑑給者証を汚損、破損、紛失したとき 受給者証(汚損、破損)・印鑑
有効期限がきれたとき 受給者証

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話