ページ本文

子育て支援入院医療制度について

横手市では、子育て世帯の経済的負担を軽減し子育てを支援するため、小学生の入院医療費を助成します。(平成23年4月診療分から平成24年7月診療分まで)
この助成を受けるには、医療費を支払った後に申請する必要があります。該当する方は、各地域局市民福祉課(横手地域局は国保年金課)で手続きをしてください。(※申請の時効は5年です。一部負担金支払後、5年以内に申請してください。) なお、平成24年8月1日から、福祉医療費助成制度が拡充され、対象者が「小学校終了年度の3月31日までの間にある児童」となりましたので、「健康保険証」と「福祉医療受給者証」を医療機関の窓口にご提示いただければ、保険診療にかかる一部負担金(食事療養費は除く)を支払うことなく診療を受けられます。

対象者は

市内在住の小学生(満12歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童)

助成額は

入院医療費の自己負担額(入院時の食事代や保険適用外の費用は対象外)

※日本スポーツ振興センターの災害給付金から支給される怪我など、ほかの制度で同様の医療費助成を受けることができる場合は、そちらの制度が優先され対象となりません。
※高額療養費や附加給付金が支給される場合は、健康保険に申請し支給を受けたあとの、残りの自己負担額が助成の対象となります。
なお、限度額適用認定証を医療機関窓口に提示すると、限度額までの窓口負担で済みますので、ご利用ください。
限度額適用認定証については、ご加入の健康保険にお問い合わせください。

助成を受けるには

領収書、対象児童の健康保険証、振込先の口座番号が分かるもの及び印鑑を持参のうえ、各地域局市民福祉課(横手地域局は国保年金課)で手続きすれば、入院医療費の払い戻しを受けることができます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部国保年金課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuho@city.yokote.lg.jp

代表電話