ページ本文

増田のまちなみ・内蔵(増田)

増田のまちなみ

増田のまちなみ

  増田地区の中町・七日町・本町・田町の各一部、約10・6ヘクタールを保存地区とする増田伝統的建造物群保存地区の保存計画および都市計画決定を、7月1日に告示し、保存地区制度の運用がスタートしました。
 伝統的建造物群保存地区制度は、都市計画と連携しながら歴史的な町並みの保存と整備を行う制度です。古い建物を保存するだけでなく、暮らしやすい生活空間の整備や魅力ある町並み景観を創出します。
 また、市では重要伝統的建造物群保存地区の選定を国へ申し出ました。国が文化審議会に諮問し、選ばれれば県内では、仙北市角館町の武家屋敷通りに続き2例目の重伝建地区になります。 この機会に『増田のまちなみ』『内蔵』の魅力にふれてみませんか。

増田内蔵のある町

 増田の内蔵について説明した特設サイトです。増田の歴史から伝統的建造物群、公開施設の情報まで、増田の内蔵の詳細がわかります。

増田のコマーシャルビデオ

コマーシャルビデオ

コマーシャルビデオ

 大型観光キャンペーン、秋田デスティネーションキャンペーンに向け、多くの観光客の皆さんに横手市の魅力を伝えようと、横手市では増田のまちなみをPRするコマーシャルビデオを制作しました。30秒のコマーシャルでは「旅の支度、ととのいました。」として日々忙しい中で活躍する旅人が、懐かしい増田のまちなみや人情にふれ癒されていくストーリーです。

第8回増田『蔵の日』を開催します。

内蔵
 10月27日(日)に蔵の日が開催されます。明治から昭和にかけて建造された主屋や内蔵23棟を特別一斉公開。歴史ある増田のまちなみとあわせて、じっくりとご堪能ください。 ※当日は旧石田理吉家木造三階建及び内蔵の内部は見学できません。 ※蔵の見学には約2時間以上かかります。当日は余裕を持ってお越しください。

増田のまちなみデンケン探訪

内蔵の様子
 増田のまちなみと伝建制度をラジオ放送を通じてお知らせします。市役所伝建推進室担当職員が、横手かまくらFMのよこてタウンメッセージのコーナーで説明しました。

歴史の息吹く町『増田のまちなみ』~パピコの増田を歩きたい~

増田のまちなみ
 横手かまくらFMでは魅力ある『増田のまちなみ』を実際に歩きながら紹介する番組を制作しました。番組タイトルは『パピコの増田を歩きたい』。ぜひお聞きください。

増田のまちなみの写真を利用することができます。

市に届出をしていただくと、増田のまちなみの写真を使用することができます。写真の内容、申請から許可については、次のページで確認してください。

増田のまちなみの情報はこちらで

内蔵の様子
増田のまちなみに関する情報の問い合わせは『増田観光物産センター蔵の駅』0182-45-5311までお願いします。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話