ページ本文

除雪作業にご理解ご協力をお願いします。

 市では、万全の体制で冬期間の道路確保に努めています。除雪作業をスムーズに行うため、市民の皆さんのご協力をお願いします。

除雪対策本部開設

除雪車

 11月1日、市除雪対策本部を設置します。
 今年度は、下記3つを重点項目に掲げ、きめ細かな作業を行い、安全で安心な雪道の確保に努めます。
 『安全な冬期交通の確保』
 『安全で効率的な作業の実施』
 『市民との協働による雪処理対策』

 

早朝除雪出動基準

かまくら
◎早朝除雪は午前1時から午前2時までの間の降雪状況により判断し出動します。
 また、除雪作業時間は原則午前2時30分から午前7時30分までとし、通勤・通学時間帯前に終了するよう努めます。
◎吹き溜まりの発生時、圧雪・わだち除去など除雪が必要な場合は、各地域の判断により、早朝以外に一部出動する場合があります。

【出動基準】
◇前日午後5時以降の降雪量が10cm以上の場合
◇明け方までの降雪量が10cm以上となると予想される場合

安全な除雪作業には、皆さんのご協力が必要です!

除雪作業をスムーズに行うためには、市民の皆さんのご協力が必要です。
 

除雪車の誘導はやめましょう。

 除雪車を止めて雪押し方向を指示する行為は大変危険です。
 作業中の除雪車に近づいたり、作業員へ直接指示したりしないでください。

流雪溝への雪投げ作業には十分注意しましょう。

 流雪溝のふたが開けっ放しになっていたため、流雪溝に転落する事故が起きています。
 また、ふたが完全に閉まっていない場合、除雪車の通過時に破損するケースがありますので、作業後はふたをしっかり閉めてください。
 雪を大きなかたまりのまま無理に投雪すると、流雪溝が途中で詰まり、浸水による被害が生じることもあります。
 これからの事故を避けるため、流雪溝を利用する場合は、投雪口にルールで定められた『鉄格子』を必ず取り付けてください。

【流雪溝利用のルール】
その1  水が流れていないときは雪を入れない
その2  雪を小さく刻んで入れる
その3  屋根から直接入れない
その4  子どもを近づけない
その5  放流時間を確認し作業時間を守る

深夜、早朝の除雪作業にご理解ください。

 除雪作業は、交通量の少ない深夜から早朝にかけて行われるため、除雪車のエンジン音や振動でご迷惑をおかけしますが、安全な通勤・通学路の確保のため、ご理解をお願いします。

路上駐車や自転車の放置はやめましょう。

 冬期間の路上駐車は、除雪作業の妨げになります。作業が遅れたり、除雪ができなくなったり、交通渋滞の原因になることもあります。

玄関前の雪処理は各家庭でお願いします。

 除雪車が通ったあとは、玄関前に押し寄せた雪が残りますが、玄関前の雪処理は各家庭でお願いします。

道路への雪出しはやめましょう。

 道路への雪出しは、道幅を狭くさせるほか一般交通の支障となり、交通渋滞や事故の原因になることもあります。

その他の雪に関する情報

そのほか、雪に関する情報はこちらのメニューページをご覧ください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建設課(監理係)
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2406 ファックス:0182-32-4024
メールアドレス:kensetsu@city.yokote.lg.jp

代表電話