ページ本文

横手市食生活改善推進協議会

「食生活改善推進協議会」とは、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、食を通じて地域の健康づくりを推進するボランティア団体で、全国各地に設置されています。

横手市では、旧8市町村に食生活改善推進員(通称:ヘルスメイト)が在籍しています。自分や家族の健康管理を行うことはもとより、お隣さん、お向かいさん、さらに各地域で栄養講習会を開催するなど、地域に根ざした活動をしています。

≪各支部の会員数≫ 平成30年5月17日現在
支部名 会員数(名)
横手支部 38
増田支部 37
平鹿支部 12
雄物川支部 18
大森支部 40
十文字支部 45
山内支部 17
大雄支部 16
合計 223


◇◆◇◆◇平成30年度の主な活動予定◇◆◇◆◇
「野菜たっぷり&減塩」メニューの伝達講習会
  ・・・支部単位での自主活動です。
     調理実習を希望の団体がございましたら
     お住まいの地域の推進員さんまたは、
     横手市健康推進課栄養支援係までご相談ください。
 
生涯骨太クッキング
おやこの食育教室
男性のための料理教室
やさしい在宅介護食教室
など他にもたくさんの活動を予定しています。

平成29年度「県知事表彰」受賞者の紹介

受賞の様子
平成29年度 受賞
「秋田県環境・保健事業功労者  栄養改善事業功労者表彰」

大森支部長 飯田 悦子
 

受賞者より 

 減塩食、生活習慣病予防食などを踏まえながら、地域での調理実習や伝達講習を行っております。
 健康寿命が問われる現在、食することの楽しさが健康寿命へとつながってくださるなら幸いと考え健康づくり運動が、
我が家から地域へとさらなる強化推進を期待し、励んで参りたいと思います。


 

平成28年度受賞
「栄養関係功労者(食生活改善事業功労者及び地区組織)厚生労働大臣表彰」

 

                                      増田支部

「秋田県環境・保健事業功労者 栄養改善事業功労者表彰」
 

増田支部長    見田 琴子

十文字支部長   髙橋 敎子

平成29年度ヘルスメイト活動記録

生涯骨太クッキング(雄物川支部)

老人クラブに所属する方々を対象に「生涯骨太クッキング」を開催しました。
テキストを使用し、生活習慣病予防や低栄養予防、ロコモ予防について学習した後は、調理実習を行いました。
今回のメニューは「お揚げとネギの卵とじ丼」「ミルキーツナサラダ」「牛乳わらびもち」です。

参加された皆さんは、牛乳やチーズの利用法に意外な発見を受けているようでした。(雄物川支部推進員)
生涯骨太クッキング

おやこの食育教室(大雄支部)

小学校2年生から6年生の児童とその保護者を対象に「おやこの食育教室」を開催しました。
調理実習のメニューは「デコレーション寿司」「照り焼きれんこんバーグ」「じゃがいもとたまねぎとにんじんの汁物」です。

調理実習では子どもたちが喜んで作る姿が見られました。特にハンバーグはこねて成型する作業が楽しかったようでした。(大雄支部推進員)
おやこの食育教室
おやこの食育教室
おやこの食育教室

男性のための料理教室(横手支部)

横手市在住の男性を対象に開催しました。
調理実習のメニューは「たこの炊き込みご飯」「かんたんミートローフ」「せん切りポテトサラダ」です。

料理教室に参加された方々の感想で一番多かったのは「ぜひ、また参加したい」という声でした。
今回のメニューを1人でまた作ってみたいとお話ししてくださる方もおりました。
せん切りポテトサラダはシャキシャキ食感が好評でした。(横手支部推進員)
男性のための料理教室

生活習慣病予防のための減塩スキルアップ事業(増田・平鹿支部合同)

食生活改善推進員養成講座受講者を対象に実施しました。
受講者の皆さんは「食」に関して意識が高く、講師としても現推進員が活躍できた事業でした。
座学では「腹囲測定」や「家庭の味噌汁塩分測定」「減塩について考えてみよう(グループワーク」を組み込み楽しく進められました。
調理実習では「ほっこり山内芋の子の吸い物」「たらと野菜の酒蒸し香味だれ」「かぼちゃとアスパラ菜のにんにく炒め」を調理しました。
現推進員と受講者が交流でき、充実した事業となりました。
減塩スキルアップ事業(1)
減塩スキルアップ事業(2)
減塩スキルアップ事業(3)

食・生活習慣改善推進事業(8支部合同)

秋田ふるさと村で開催された「秋フェス2017」来場者を対象に、「野菜とお魚のうまみたっぷりにんじんおにぎり」の試食、食育クイズ、菓子類のエネルギー量に関する展示での情報提供などを行いました。

・食育クイズでは声掛けに積極的に参加し、皆さんに大変喜んでいただきました。思いがけない答えに笑顔がこぼれていました。自分にとっても勉強になりました。(推進員)
・にんじんおにぎりの試食はとてもおいしく、子どもの苦手な野菜が入っていましたが気にせず食べてくれました。(来場者)
・たくさんの来場者と楽しく関わることができました。「健康」と「食生活改善推進員」をPRできた事業でもありました。(推進員)
秋フェス2017(1)
秋フェス2017(2)
秋フェス2017(3)

イオンスーパーセンター横手南店共催事業

2018年1月20日、21日の2日間にわたり、イオンスーパーセンター横手南店、横手市食生活改善推進協議会、健康推進課協働で食習慣改善に関する事業を行いました。
家族の健康は『減塩』から始めませんか?というテーマの下、来店者を対象に0.8%塩分味噌汁の試飲、減塩についての展示、パンフレットの配布などを行い、試飲では「だしのうま味で減塩ができることを知った」「だしが効いていておいしい」といった声がたくさん聞かれました。
秋田県が掲げる「健康寿命日本一!」の実現のため一端を担う事業になりました。
イオンイベント(1)
イオンイベント(2)
イオンイベント(3)

横手市食生活改善推進員になるためには?

食生活改善推進員になるまでの流れ
(1)市が主催する食生活改善推進員養成講座に申し込み、参加
(2)食生活改善や健康づくりに関する講習を受講
(3)所定の単位(20単位)を取得し修了
(4)協議会に加入し、推進員として活動
※原則は上記のとおりですが、先に協議会へ加入し、推進員として活動しながら養成講座を受講することもできます。

養成講座は毎年8月から12月までの全5回で開催します。
詳細については市報よこて8月1日号へ掲載予定ですので、ご覧ください。

食生活や健康づくり、地域でのボランティア活動に興味のある方はぜひご参加ください!

食生活改善推進員養成講座の様子をご紹介!

平成29年度は22名の受講者の皆さんと養成講座が進められました。
平鹿地域振興局栄養士、健康推進課保健師・栄養士による講話を始め、「食品表示」「食品衛生と食中毒予防」について専門員や平鹿地域振興局職員より講話がありました。
また調理実習は「肥満予防」や「高齢者の低栄養予防」などのテーマをもとに行われ、調理方法のポイントや香辛料の使い方など確認しました。
受講者の皆さん同士の情報交換も活発に行われ、楽しい雰囲気の中で養成講座を開催することができました。

食生活改善推進協議会についてご興味のある方は健康推進課栄養支援係までお気軽にお問合せください。
保健師講話
みそ汁塩分測定の様子
食品衛生と食中毒予防の講話

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部健康推進課(栄養支援係)
所在地:〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1   
電話番号:0182-35-2185 ファックス:0182-35-6374
メールアドレス:kenkou@city.yokote.lg.jp

代表電話