ページ本文

妊娠・出産

妊娠したとき

 平成28年1月1日より、妊娠届出時に「妊婦本人の個人番号(マイナンバー)の記入」と、「届出人の本人確認」が必要となりましたので、ご理解とご協力をお願いします。

≪妊婦さん本人が届出する場合に必要なもの≫

1.個人番号カードをお持ちの方
  個人番号カード

2.個人番号カードをお持ちでない方
  (1)~(3)のいずれか1点と(4)
  (1)個人番号通知カード
  (2)個人番号が記載された住民票またはその写し
  (3)個人番号が記載された住民票記載事項証明書
  (4)妊婦の本人確認ができるもの(運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
   ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

≪代理人が届出する場合に必要なもの≫

1.妊婦本人の個人番号がわかるもの
  (1)~(4)のいずれか1点
  (1)妊婦本人の個人番号カードまたはその写し(表面と裏面の両方)
  (2)妊婦本人の個人番号通知カードまたはその写し
  (3)妊婦本人の個人番号が記載された住民票またはその写し
  (4)妊婦本人の個人番号が記載された住民票記載事項証明書

2.代理人の本人確認ができるもの(運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
   ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

3.委任状
  委任状のダウンロード(PDF:20KB)



種別 対象者 内容 実施場所 備考
母子健康手帳 妊婦  母子健康手帳を交付します。(保健師による個別相談があります) 妊娠届のダウンロード(PDF:80KB) ・各市民サービス課 ・横手地域は健康推進課(横手保健センター) 居住地域外の窓口も交付できます。

妊婦健診

(補足あり)

妊婦  一般健康診査16回分、子宮頸がん・クラミジア検査1回分、歯科健診1回分の公費負担があります。 医療機関 受診票は母子健康手帳と一緒に交付します。
産婦  産後1か月健診1回分、母乳育児相談3回分のの公費負担があります。
マタニティクラス 妊婦及び、その家族  沐浴教室、パパの妊婦体験、栄養講話、大切ないのちの話、歯科講話 健康推進課(横手保健センター) 日程(PDF:88KB)
赤ちゃんのお風呂の入れ方体験講座 妊婦及び、その家族 沐浴教室 日程(PDF:96KB)

※母乳育児相談協力機関(H30)



里帰り出産のため県外での健診を希望される方は各地域市民サービス課または、健康推進課へご相談ください。
里帰り出産用 妊婦健康診査費助成申請書
申請書記入例

妊娠届のオンライン申請について

妊娠届の申請について、オンラインで申請が可能になりました。
申請される方は、下記をご確認のうえお手続きください。
秋田県市町村電子申請・届出システムを経由して行います。


<事前に準備していただくもの>
 ◆マイナンバーカード(署名用の電子証明書付き)
 ◆ICカードリーダライタ
 ◆インターネットを使用できるパソコン

注1)マイナンバーカードをお持ちでない方は、申請が必要です。
    マイナンバーカードを取得するまでは、申請から概ね3週間かかります。
    申請方法はこちらをご覧ください。
注2)マイナンバーカードに対応するOS・ブラウザはこちら をご覧ください。
注3)秋田県市町村電子申請・届出システムの操作でお困りの時はこちらをご覧ください。


<確認いただきたいこと>
 ◆オンラインで申請いただいた後、母子健康手帳や妊産婦健康診査受診票をお渡しします。
  健康推進課または各地域市民サービス課の窓口へお越しください。
  
なお、郵送は行っておりません。
 ◆手帳等の発行には20分程お時間をいただきます。また、予約制ではないため、
  当日お待ちいただく場合もありますのでご了承ください。


<お持ちいただく物>
 ◆妊婦本人が申請し、受け取りにくる場合…本人確認ができるもの
  (運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
  ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

 ◆代理人が申請し、受け取りにくる場合
  ・委任状
  ・代理人の本人確認できるもの
  ・妊婦本人の個人番号がわかるもの((1)~(4)のいずれか1点)
  (1)妊婦本人の個人番号カードまたはその写し(表面と裏面の両方)
  (2)妊婦本人の個人番号通知カードまたはその写し
  (3)妊婦本人の個人番号が記載された住民票またはその写し
  (4)妊婦本人の個人番号が記載された住民票記録事項証明書
  ※上記以外の場合にお持ちいただくものについては、健康推進課または
   各地域市民サービス課へお問合せください。


<オンライン申請の期日について>
オンライン申請される場合、窓口にお越しいただく前々日(土日祝日を除く)までに申請手続きをお済ませください。
受け取り日時のご希望に添えない場合もありますので、何とぞご了承ください。
その場合は、担当者より日程調整のご連絡をさせていただきます。

赤ちゃんが産まれたとき

お問合せ:市民生活部 市民課 電話:0182-35-2176

届出期間 必要なもの
出生した日から14日以内 ・出生届書(出生証明書)
・届出人の印鑑
・国民健康保険書証(加入者のみ)
・母子健康手帳

 *出生に伴う各種手当(出産祝金、児童手当など)制度がありますので、出生届をした際には、必ず各市民サービス課(横手地域は市民課)で必要な手続きをしてください。
*赤ちゃんが2,500g未満の時は「低体重児出生届」を各市民サービス課(横手地域は市民課)に出してください。
*出生届の後に、保健師が個別訪問に伺うために連絡がいきます。
(詳しくは、子どもの健診・訪問のページをご覧ください)
 

未熟児養育医療給付について

  生まれた赤ちゃんが、未熟児で指定養育医療機関に入院する時、各市民サービス課、横手地域は健康推進課(横手保健センター)に申請すると、最長1歳未満までの間、医療費と食事療養費の給付が受けられます。申請書類は各市民サービス課、横手地域は健康推進課(横手保健センター)にあります。


PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部健康推進課(健康づくり係)
所在地:〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1   
電話番号:0182-33-9600 ファックス:0182-33-9601
メールアドレス:kenkou@city.yokote.lg.jp

代表電話