ページ本文

国土調査法19条5項指定について

19条5項指定とは?

 土地に関する様々な調査・測量の成果が、地籍調査と同等以上の精度または正確さを有する場合に、地籍調査の成果と同様に取り扱う事ができるよう、当該成果を国が指定する制度です。

19条5項指定の意義・メリット

 1.測量の信頼性が高まります。
 2.登記所の正式地図(不動産登記法14条1項の地図)となります。
    これにより、測量成果である図面が公的に管理されます。

指定の対象

 特に制限はなく、国土調査と同等以上の精度・正確さがあると認められる成果であれば、原則として全て指定を受けることが可能です。

対象となる事業

 現在、法令に基づく一定の事業については、当該事業に係る登記に必要な土地の所在図について、19条5項指定を受けることが規定されています。
 また、土地区画整理事業及び土地改良事業については、それぞれ通達により指定の申請を行うこととされています。
 その他の民間開発事業等についても、必ずしも法令により19条5項指定を受けることが義務づけられてはいませんが、19条5項指定を受けていない場合は地籍調査事業の対象となり、その際に、当時の測量成果が有効に利用できず土地の境界確認に多大な労力を要する場合があります。
 19条5項指定を受けることにより、地籍調査を行ったものと同等に扱われますので、原則として改めて地籍調査を実施する必要はなくなります。
 

 国では、できる限り国土調査法施行令に定める基準による測量・調
   査を実施し、19条5項指定を受けていただくよう、開発事業等を行
     う皆様にお願いしています。


 
詳しくは国土交通省地籍調査Webサイトをご覧ください。

補助金制度について

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総合政策部財産経営課(地籍調査係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-32-2517 ファックス:0182-32-4655
メールアドレス:kanzai@city.yokote.lg.jp

代表電話