ページ本文

住民監査請求について

【住民監査請求とは】

 住民監査請求とは、市民が、市の執行機関(市長、委員会、委員)や職員による違法又は不当な公金の支出、財産の管理、契約の締結などの財務会計上の行為等があると認めるときに、監査委員に対し監査を求め、必要な措置を講じるよう請求する制度です。(地方自治法第242条)


【住民監査請求の対象】

 監査請求をすることができるのは、市の執行機関(市長、委員会、委員)や職員による次に揚げる財務会計上の行為及び怠る事実がある場合です。

1.違法又は不当な公金の支出
2.違法又は不当な財産の取得、管理、処分
3.違法又は不当な契約の締結、履行
4.違法又は不当な債務その他の義務の負担
5.違法又は不当に公金の賦課、徴収を怠る事実
6.違法又は不当に財産の管理を怠る事実

 なお、1から4までは、当該行為が行われることが相当の確実さで予測される場合も対象となります。


 【住民監査請求の期間制限】

 上記1から4までの当該行為のあった日又は終わった日から1年を経過したときには、正当な理由がある場合を除き、監査請求をすることができません。


 【住民監査請求の要件】

1.監査請求できるのは、横手市内に住所を有する方(法人を含む)です。
2.監査請求は、所定の書面(記載例)を作成して行うことになっています。
3.請求の際には、違法又は不当とする行為の事実を証明する書面(例えば、新聞記事や写真等)を添付することが必要です。           
    

 

 

  
    (記載例)


                       横手市職員措置請求書


  (請求の対象とする執行機関・職員)に関する措置要求の要旨

  1 請求の要旨
   次の事項について記載してください。

   ・ 誰が(請求の対象とする執行機関・職員)
   ・ いつ、どのような財務会計上の行為を行っているか
   ・ その行為は、どのような理由で、違法又は不当なのか
   ・ その行為により、どのような損害が市に生じているのか
   ・ どのような措置を請求するのか

  2 請求者

    住所
    職業
    氏名 (自署)                          印
 

  地方自治法第242条第1項の規定により、別紙事実証明書を添え、必要な措置を請求します。

       
         年    月    日


  横手市監査委員 (あて)

 

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

監査委員事務局
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-32-2547 ファックス:0182-33-2239
メールアドレス:kansa@city.yokote.lg.jp

代表電話