ページ本文

ごみによる火災事故発生!!

 最近、ごみ収集車の火災事故が頻発しています。いづれも、直ちに消火にあたり、幸い負傷者等は出ませんでしたが、車両を大きく破損する大事故になっています。一歩間違えば、収集業務員はもちろんのこと、付近の住民の方々まで巻き込み、人命や財産にかかわる重大な事故につながりかねません。
 今後このような事故が起きないよう、下記の事項に気をつけてごみを出していただくようお願いします。

スプレー缶やカセットボンベは中身を抜いて出しましょう

1.噴射口から『シュー』という音がしなくなるまで中身を出し切ってしまいましょう。
2.ライターなどの発火のおそれがあるものは、ガスを完全に抜いてから出しましょう。
3.乾電池の入った電化製品は発火のおそれがあります。乾電池は製品から抜き取り、
   袋(レジ袋など)に入れて、袋の外側に『乾電池』と記入してから出しましょう。 
ごみ収集車火災被害

ごみ収集車火災被害

焼け焦げた不燃物

焼け焦げた不燃物

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部生活環境課(環境係・廃棄物対策係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2184 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kankyo@city.yokote.lg.jp

代表電話