ページ本文

(秋)霜月神楽

霜月神楽の概要

霜月神楽
 式内社保呂羽山波宇志別神社に伝わる、神に今年の収穫を感謝し、来る年へ五穀豊穣を祈る重要な神事です。
 1200年以上もの歴史をもっているといわれ、神楽の体系としては湯立神楽に区分され、近郷の神官が祭主の神殿に集まり夜を徹して神楽を行います。
 神楽は三十三番の神事で構成され、神子(みこ)舞いである保呂羽山舞いでは、神子が舞の途中で託宣(神の言葉)を告げる場面があり、巫女の原型ともいえる女官(神子)の姿を伝えています。
 国指定重要無形民俗文化財

霜月神楽の基本情報


開催日 毎年11月7日午後7時~11月8日午前6時頃
場所 秋田県横手市大森町八沢木字木ノ根坂200
保呂羽山波宇志別神社里宮神殿(神楽殿ではありません)
交通 JR横手駅より車で約50分、
秋田自動車道横手ICより車で約50分、大曲ICより車で約40分
 ※公共交通はありませんので、お車かタクシーをご利用ください。
料金  無料
問合せ先 横手市教育委員会文化財保護課
電話 0182-32-2403
URL  
備考 あくまでも神事ですので、参観者は初穂料を包むのが一般的です。 
 
霜月神楽
霜月神楽

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光おもてなし課(観光企画係)
所在地:〒013-0036 秋田県横手市駅前町1番10号   
電話番号:0182-32-2118 ファックス:0182-36-0088
メールアドレス:kanko@city.yokote.lg.jp

代表電話