ページ本文

厄神様(大雄)

厄神様の情報

厄神様

厄神様

  東北地方では、ワラの人形をまつる行事が多く伝えられており、その役割は3種類に区分できます。一つは村境に立てられる道祖神です。この神は、村や家に災いが侵入するのを防ぎ、村人が災難や病気にならないように人々を守ると言われています。二つめは、害虫を送り出す行事に使われ、人形だけでなく蛇や竜の形をしたものもあります。三つめは、疫病を送り出す行事に使われるもので、村境に送り出してその場に放置したり、川に流したりします。
 藤巻地区では、この人形をヤクジョサン、ヤクヨケサンともカシマサマとも呼んでいますが、いつ頃から始まったかは不明です。ただ、江戸時代後期には、秋田県内で同様の人形を使った鹿島送りの行事が行なわれていた記録があります。田植えが終わる頃に作られ、高さ、幅とも2.5m、重さ80~100kg程度です。夕方、太鼓が打ち鳴らされる中、若者が交代で人形を背負って集落内を練り歩き、その後村境であるこの地に立てられます。

厄神様の基本情報

期間 毎年6月上旬の日曜日 
場所 秋田県横手市大雄字藤巻地内
交通 秋田自動車道横手ICから車で約15km(約25分)
JR横手駅から車で約13km(約20分)
料金
問合せ先 横手市大雄地域課産業建設係
電話番号:0182-52-2111

横手市教育委員会教育総務部文化財保護課
電話番号:0182-32-2403
URL ― 
備考 横手市指定無形民俗文化財
(平成10年大雄村指定無形民俗文化財)
若者に背負われて村境に向かう厄神

若者に背負われて村境に向かう厄神

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光おもてなし課(観光企画係)
所在地:〒013-0036 秋田県横手市駅前町1番10号   
電話番号:0182-32-2118 ファックス:0182-36-0088
メールアドレス:kanko@city.yokote.lg.jp

代表電話