ページ本文

御役屋門(平鹿)

御役屋門の情報

御役屋門

御役屋門

 木造平屋、トタン葺きの四脚門。寛政7年(1795)秋田六郡に郡方を置き、その庁舎を御役屋と称しました。浅舞の御役屋には今泉三右衛門が郡奉行として着任、寛政11年(1799)6月、御役屋を改築しました。門もこの際修理したといわれ、この当時の建造とされる。昭和49年に現在地に移転し、東向きだった門を南向きとしました。指定文化財「琵琶沼絵図」にも描かれています。
 昭和56年4月1日 町の指定有形文化財に指定

御役屋門

期間 通年
場所 秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞221-1
交通 秋田自動車道横手ICから車で約20分
料金 無料
問合せ先 横手市教育委員会教育総務部文化財保護課
電話番号:0182-32-2403
URL
備考 浅舞感恩講保育園の門として利用されています 
御役屋門(内側)

御役屋門(内側)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光おもてなし課(観光企画係)
所在地:〒013-0036 秋田県横手市駅前町1番10号   
電話番号:0182-32-2118 ファックス:0182-36-0088
メールアドレス:kanko@city.yokote.lg.jp

代表電話