ページ本文

地上デジタル放送

アナログ放送から地上デジタル放送へ

アナログ放送は、平成23年(2011年)7月24日で終了し、デジタル放送に移行されました。
平成13年の電波法改正により地上テレビ放送のデジタル化が定められ、これにより現在のアナログテレビ放送は、平成23年(2011年)7月24日までに終了することが決まりました。
 
秋田県では既に平成17年(2005年)12月から地上デジタル放送が開始されており、平成18年(2006年)10月には大曲中継局が改修されて、横手地域も受信可能となりました。

現在の受信可能エリア(めやす)については社団法人デジタル放送推進協会ホームページ「エリアめやす」をご覧ください。

地上デジタル放送を視聴するためには、次の方法があります

  •   1. 地上デジタル放送対応のテレビに買い換える(UHFアンテナが必要)
     
  •   2. 地上デジタルチューナーを買い足す(UHFアンテナが必要)

共同受信施設のデジタル化改修への支援について

山間部等においてテレビジョン放送を受信するために共同受信施設を整備する者に対して、国がその整備費用の一部を助成します。
助成の概要については総務省東北総合通信局のホームページ「共同受信施設改修方法」をご覧ください。

なお、助成を受けるためには、有線電気通信法及び有線テレビジョン放送法に基づく総務省への「設置届」等の申請・届出がなされていることが前提となります。
施設の設置者は申請・届出の状況についてご確認ください。
詳しくは総務省東北総合通信局のホームページ「共同受信施設の諸手続」をご覧ください。

横手愛宕山中継局のアナログ放送受信可能地域にお住まいの方へ

横手愛宕山中継局は他の中継局のエリアカバー状況によりデジタル化改修を実施しないことに決まりました。
地上デジタル放送をご覧になる場合は、アンテナの受信方向を変更する必要があります。
詳しくは、お近くの電気店・家電量販店にご相談ください。

雄物川大沢中継局から地上デジタル放送波が発射されました

平成21年9月30日 雄物川大沢中継局が地上デジタル化改修され、デジタル放送波を発射しました。
雄物川大沢中継局を受信している方は地上デジタル放送対応機器の導入をご検討ください。

地デジ難視対策の各種支援制度について

地上デジタルテレビ放送難視対策の各種支援制度は、平成27年3月末で終了します。お早目の申込みをお願いします。 詳しくはこちらをご覧ください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総合政策部情報政策課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-35-2166 ファックス:0182-33-2239
メールアドレス:densan@city.yokote.lg.jp

代表電話