ページ本文

マイナンバー制度による情報連携(試行運用)が始まります

情報連携とは

 番号法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)に規定された各種事務手続きにおいて、マイナンバー制度の仕組み(情報提供ネットワークシステム)を活用し、同一の方の個人情報を行政機関の間でやり取りすることをいいます。
 これにより、住民の手続きの負担を軽減し利便性を向上させるとともに、行政機関の間の情報のやり取りを効率化することを目的としています。

試行運用について

 情報連携は平成29年7月18日から開始し、当面3か月程度の試行運用期間を経て、今年の秋頃からは本格運用の開始を予定しています。本格運用開始後は、マイナンバーを用いる各種手続きで証明書などの添付書類の一部が省略できるようになります。
 ただし、試行運用期間中におきましては、従来どおりの書類の提出をお願いいたします。当期間中は、提出書類と情報連携による処理を並行して行い、事務処理の確認・検証を行います。

マイナンバーが必要な手続き

 マイナンバーが必要な手続き(主なもの)は、マイナンバーが必要な場面や手続きをご覧ください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総合政策部情報政策課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-35-2166 ファックス:0182-33-2239
メールアドレス:densan@city.yokote.lg.jp

代表電話