ページ本文

マイナンバーが必要な場面や手続き

平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続でマイナンバーの利用が始まり、次のような場面や手続きでマイナンバーが必要になります。

こんな場面で、皆さんもマイナンバーが必要になります。

マイナンバーが必要な場面
このほか、次のような場面でもマイナンバーが必要です。
 ●報酬・料金・契約金を受け取る方は、契約先企業等に
 ●法人等から不動産使用料(家賃)等を受け取る方は、その法人等に
 ●非課税適用の預貯金・財形貯蓄をされている方は、銀行等の金融機関に
 ●株・投資信託などの証券取引をされている方は、証券会社等に
 ●生命保険・損害保険・共済契約をされている方は、生命保険・損害保険会社に

詳しくは、内閣官房『社会保障・税番号制度』ホームページ内の資料『マイナンバーの提供を求められる主なケース』(外部リンク)をご覧ください。

市役所では、こんな手続きにマイナンバーが必要です。 ※主なものを掲載

マイナンバーが必要な手続き

マイナンバーを使う場面や手続では、以下の書類をご準備ください。

マイナンバーを使う場面や手続では、「なりすまし」を防止するために、本人確認(番号確認と身元確認)が必要です。以下の書類をご準備ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている場合

マイナンバーカードは、おもて面で身元確認、うら面で番号確認が出来るため、このカード1枚で本人確認が可能です。
マイナンバーカード

マイナンバーカード(個人番号カード)を持っていない場合

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちでない方は、以下のとおり、番号確認と身元確認の2種類の書類が必要となります。
番号確認と身元確認
本人確認の詳細は、内閣官房『社会保障・税番号制度』ホームページ内の資料『本人確認の措置』(外部リンク)をご覧ください。
マイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請については、マイナンバーカード総合サイト(外部リンク)をご覧ください。

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総合政策部情報政策課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-35-2166 ファックス:0182-33-2239
メールアドレス:densan@city.yokote.lg.jp

代表電話