ページ本文

議会改革の取組状況

 横手市議会では、市民とともに歩む開かれた議会、行動する議会を目指して、様々な場で議論を重ねながら議会改革の取り組みを進めてきました。これまでの主な取り組みを紹介します。
年月 取り組み内容
 平成29年9月 議会基本条例の検証結果報告(2回目)を議長に提出
 平成29年6月   第6回議会報告会・意見交換会を開催
 平成29年6月 一般質問で、「一問一答方式」を試行
 平成29年4月 市議会公式フェイスブックページを開設
 平成29年3月 議会基本条例の検証結果報告(1回目)を議長に提出
 平成28年12月 タブレット端末を定例会で使用開始
 平成28年9月 ペーパーレス化推進のため、タブレット端末を導入
 平成28年7月  第5回議会報告会・意見交換会を開催
 平成28年3月 YouTube(ユーチューブ)による録画映像の配信を開始
 平成27年12月 タブレット端末導入推進会議を設置
 平成27年11月 広報広聴委員会を設置
 議会広報委員会の機能強化を図るため、「協議の場」から「特別委員会」に
 位置付けを変え、広報と広聴を担う広報広聴委員会(委員14人)を設置
 平成27年9月 議員提案による横手市出資法人への関与に関する条例を制定
 平成27年7月  第4回議会報告会を開催
 平成26年12月  議会改革推進会議を設置
 平成26年7月  第3回議会報告会を開催
 地域単位(各地域1箇所)の開催から小学校区単位の開催にスタイルを
 改め、地区会議との共催という形で実施
 平成26年4月  議員特別研修制度を導入
 平成25年12月  議会改革に関する特別委員会を設置
 平成25年9月  横手市議会議員政治倫理条例を制定
 審議会等から支払われる報酬の受取りを辞退
 議員が都市計画審議会等の委員として出席した際に支給される報酬を受け
取らないようにする条例改正案を議員提案し可決
 平成25年8月  横手市議会における災害発生時の対応要領を制定
 災害発生時の市議会と議員の対応をルール化した要領、及び災害発生時
の議員の参集基準を定めた初動マニュアルを制定
 平成25年6月  議員定数の削減
 次期選挙から議員定数を30人から26人に4人削減する議員定数条例の改
正案を可決
 平成25年5月  政務活動費の執行状況をホームページで公開 
 平成25年3月  議員提案による初の政策条例スポーツ立市よこて」でまちを元気にする
条例
を制定
 倫理条例策定特別委員会を設置
 平成25年3月  第2回議会報告会を開催
 平成25年2月  市議会ホームページをリニューアル 
 平成24年10月  第1回議会報告会を開催
 平成24年9月  初の会派代表質問を実施 
 平成24年7月  横手市議会マスコットキャラクター「しらとり議員」誕生
 平成24年6月  横手市議会基本条例を可決 
 議会改革推進特別委員会を設置
 平成24年4月  横手かまくらFMで 教えて!横手市議会 の放送を開始 
 平成24年3月  横手かまくらFMで一般質問の生放送を開始 
 平成23年6月  議案などに対する各議員の賛否を公開
 採決で賛否が分かれた案件について、市議会だよりとホームページで各議
員の賛否を公開
 平成22年9月  議会改革検討特別委員会を設置 
 平成21年5月  インターネットによる録画中継を開始
 平成21年1月  インターネットによる本会議のライブ中継を開始
 ※同年5月から議場で行う特別委員会も中継 
 平成20年12月  議員定数の削減
 次期選挙から議員定数を34人から30人に4人削減する議員定数条例案を
可決 
 平成20年9月  議員定数調査検討特別委員会を設置(~平成20年12月)
 議員定数について協議する特別委員会(委員12名)を設置 
 平成19年6月  一般質問の質問方式を変更
 ・議員1人の持ち時間を70分から60分に(答弁時間含む)。
 ・質問回数3回の制限を撤廃。1回目は演壇、再質問は自席で行う。 
 平成18年4月  議会改革をすすめる検討委員会を設置(~平成19年10月)
 議長からの諮問事項について検討する任意の委員会(委員17名)を設置 

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

議会事務局
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2535 ファックス:0182-32-6539
メールアドレス:gikai@city.yokote.lg.jp

お問い合わせ先:議会事務局 電話番号 0182-32-2535