ページ本文

通学路安全推進会議

横手市では、通学路の安全確保について迅速に対応し、登下校時における児童生徒の交通事故等を防止するため、横手市通学路安全推進会議を設置しました。

横手市通学路交通安全プログラム(平成28年4月一部改正)

1.プログラムの目的

 平成24年、全国で登下校中の児童等が死傷する事故が相次いで発生したことから、平成24年8月に各小学校の通学路において関係機関と連携して緊急合同点検を実施し、必要な対策内容についても関係機関で協議してきました。
 引き続き通学路の安全確保に向けた取組を行うため、このたび、関係機関の連携体制を構築し、「横手市通学路交通安全プログラム」を策定しました。
 今後は、本プログラムに基づき、関係機関が連携して、児童が安全に通学できるように通学路の安全確保を図っていきます。

2.通学路安全推進会議の設置

 関係機関の連携を図るため、以下をメンバーとする「通学路安全推進会議」を設置しました。本プログラムは、この会議で議論し、策定しました。

・横手市教育委員会
・横手市建設部
・横手市まちづくり推進部
・横手市内の学校代表者
・横手市内のPTA代表者
・県立横手支援学校
・国土交通省東北地方整備局湯沢河川国道事務所
・秋田県平鹿地域振興局建設部
・横手警察署
 

3.取組方針

(1)基本的な考え方
 継続的に通学路の安全を確保するため、緊急合同点検後も合同点検を継続するとともに、対策実施後の効果把握も行い、対策の改善・充実を行います。
 これらの取組をPDCAサイクルとして繰り返し実施し、通学路の安全性の向上を図っていきます。
PDCAサイクル

(2)定期的な合同点検
◎ 合同点検の実施時期等
・市内の小学校を2つのグループに分け、それぞれ2年に1回、合同点検を実施します。
・実施時期は、夏期とします。
・効率的・効果的に合同点検を行うため、通学路安全推進会議において、重点課題を設定し、合同点検を実施します。
◎ 合同点検の体制
・小学校ごとに、学校、PTA、道路管理者(国、県、市)、地域局、警察、教育委員会が参加する合同点検を行います。

(3)対策の検討
・合同点検の結果から明らかになった対策必要箇所について、箇所ごとに、歩道整備や防護柵設置のようなハード対策や交通規制や交通安全教育のようなソフト対策など対策必要箇所に応じて具体的な実施メニューを検討します。

(4)対策の実施
・対策の実施にあたっては、対策が円滑に進むよう、関係者間で連携を図ります。

(5)対策効果の把握
 合同点検結果に基づく対策実施後の箇所等について、実際に期待した効果が上がっているのか、また児童生徒等が安全になったと感じているのか等を確認するため、
・地域住民へのアンケートの実施
・車両と歩行者の離隔を測定
 など、対策実施後の効果を把握するための手法を検討し、対策効果の把握を実施します。

(6)対策の改善・充実
・対策実施後も、合同点検や効果把握の結果を踏まえて、対策内容の改善・充実を図ります。
 

4.箇所図、箇所一覧表の公表

・小学校ごとの点検結果や対策内容については、関係者間で認識を共有するために小学校ごとの「対策一覧表」及び「対策箇所図」を作成し、公表します。

PDFファイルダウンロード

「横手市通学路交通安全プログラム」を以下よりPDFファイルでダウンロードいただくことができます。

対策一覧表・箇所図

 平成28年8・9月に合同点検を実施しました(7小学校)。
 現時点での対策実施予定等について、以下の一覧表・箇所図によりご確認ください(平成28年10月時点での予定であり、今後変更となる可能性もあります)。
箇所図に使用している地図: 出典 国土地理院ウェブサイト(http://maps.gsi.go.jp/

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育指導部学校教育課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号   
電話番号:0182-32-2414 ファックス:0182-32-4034
メールアドレス:gakkokyoiku@city.yokote.lg.jp

代表電話