家屋を取り壊した場合、どんな届出が必要ですか。

家屋または家屋の一部を取り壊した場合には、届出が必要になります。


<登記建物の場合>
法務局へ滅失登記が必要です。届出時期により課税台帳の滅失処理が間に合わない場合があるため市役所市民生活部 税務課 資産税係へ「家屋滅失申告書」を提出してください。(建物の所在地を所管する法務局に確認要)


<未登記建物の場合>
市役所市民生活部 税務課 資産税係へ「家屋滅失申告書」の提出が必要になります。家屋に対する固定資産税は毎年1月1日現在に存在するものに課税されます。年度の途中で取り壊した家屋については、翌年度から課税されませんので、床面積の大小にかかわらず必ず届出をしてください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(資産税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2767 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shisanzei@city.yokote.lg.jp

代表電話