家屋が古くなったのに評価額が下がらないのはなぜですか。

家屋の評価額は評価替の時点において新築するものとした場合に必要とされる建築費に、損耗の状況等による減価率を乗じて求めることとされ、その価額が前年度の価額を上回る場合は前年度の価額に据え置かれます。 家屋の建築費は平成5年頃以降は建築資材費等が下落傾向にあります。このようなことから比較的建築年次の新しい家屋については評価替毎にその評価額が下落しています。 一方、建築年次の古い家屋については過去に建築費の上昇が続く中、評価額が据え置かれていたこともあって、近年の建築資材費等の下落を加味した評価額であっても、以前から据え置かれている価格を下回るまでには至らず、評価額が下がらない。といったことがあります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(資産税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2767 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shisanzei@city.yokote.lg.jp

代表電話