固定資産税の新築住宅の減額について教えてください。

新築住宅については、新築後一定期間、固定資産税が減額されます。

新築された住宅やアパート・マンションなどが、次のいずれの
要件にあてはまる場合は、新築後3年間(地上3階建て以上の中
高層耐火住宅は5年間)120平方メートルまでの税額が2分の1に
減額されます。

1.専用住宅や併用住宅であること
2.床面積要件・・・50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅に
あっては40平方メートル)以上280平方メートル以下
●減額される範囲
減額の対象となるのは、新築された住宅用の家屋のうち住居と
して用いられている部分(居住部分)だけであり、併用住宅に
おける店舗部分、事務所部分などは減額の対象になりません。
なお、住居として用いられいる部分の床面積が120平方メート
ルまでのものはその全部が減額対象に、120平方メートルを超
えるものは120平方メートル分に相当する部分が減額対象にな
ります。
●減額される額
上記の減額対象に相当する固定資産税額の2分の1が減額され
ます。
●減額される期間
ア一般住宅(イ以外の住宅)新築後3年度分(長期優良住宅は5年分)
イ3階建以上の中高層耐火住宅等新築後5年度分(長期優良住宅は7年分)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(資産税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2767 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shisanzei@city.yokote.lg.jp

代表電話