年の途中で家屋を取り壊した又は建て替えた場合はどうしたらよいでしょうか。

家屋滅失届を提出してください。

固定資産税は賦課期日(その年の1月1日)現在の状況により課税されます。取り壊した家屋の固定資産税は、今年度はそのまま課税されますが翌年度から課税されません。また、年の途中に完成する建物は翌年度から課税されます。その他、登記された建物を取り壊した場合は、法務局で滅失登記の手続きが必要になります。


【提出先】市民生活部 税務課 資産税係
      または各地域局 市民サービス課 市民生活係

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部税務課(資産税係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-32-2767 ファックス:0182-32-2611
メールアドレス:shisanzei@city.yokote.lg.jp

代表電話