木戸五郎兵衛神社初午祭りについて教えてください。

祭神の稲倉魂命(いなくらたまのみこと)が京に上り伏見大社で正一位の位を授かる際、武士に変身し、木戸五郎兵衛を名乗ったという謂われが由来となった木戸五郎兵衛神社の例祭です。
職場や集落単位で男衆が梵天と恵比寿俵を担いで町内を練り歩いた後、商売繁盛や五穀豊穣を願い梵天と恵比寿俵を押し合いながら奉納し、恵比寿俵に詰めた餅は境内に作った櫓から撒かれます。

開催日時:旧暦2月の最初の午の日(平成25年は3月17日)
       午前7時頃から午後1時頃(奉納は正午頃から)
開催場所:木戸五郎兵衛神社(横手市雄物川町沼館字高畑)
交   通:秋田自動車道横手インターチェンジから車で約30分

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

雄物川地域局雄物川地域課(産業建設係)
所在地:〒013-0205 秋田県横手市雄物川町今宿字鳴田1番地 
電話番号:0182-22-2187 ファックス:0182-22-3225
メールアドレス:omonogawa-chiiki@city.yokote.lg.jp

代表電話