他市区町村の住民票は取れますか。

はい。

住民票の写しの交付の特例として、本来、住所地市区町村長に対して行う住民票交付請求を、住所地市区町村以外の市区町村長に対して行うことができます。この請求に基づき発行された住民票の写しを一般に広域交付住民票といいます。

【請求できる方】
本人または同一世帯の方のみ。ただし、本人以外の世帯員が本人の代理人として窓口に来庁し請求を行う場合は、本人の住民基本台帳カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を預ってきており、かつ、暗証番号の確認が行えた場合のみ。
※委任状などによる第三者の請求はできません。

【明らかにすべき事項】
(1)請求者の氏名及び住所(自署又は押印が必要です)
(2)請求者の生年月日及び性別
(3)請求に係る住民の氏名(外国人住民にあっては、氏名及び通称)及び住所

【請求者の本人確認】
以下の(1)または(2)の、本人を確認する資料一通
(1)マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カード(写真付・写真無し共に可。一時停止または廃止状態でないもの)とその暗証番号
(2)運転免許証、パスポート、顔写真付住基カードなど、有効期間内で請求者本人の写真が貼りつけられている、写真に浮出しプレス・割印等による契印がある、または改ざん防止のための特殊加工のある官公署が発行した身分証明書
会社の身分証明書・学生証等は不可。上記の書類で本人確認ができない場合は請求ができません。

【注意】
・「市内での転居履歴」「本籍地」「戸籍筆頭者の氏名」の事項は記載されません。
・除票(転出・死亡などで除かれた住民票)と住民票記載事項証明・改製原住民票は他市区町村では取ることはできません。
・「住民票コード」「個人番号(マイナンバー)」「世帯主名と続柄」は記載するか省略するか選択できます。

【手数料】 1通300円 ※手数料は各市区町村によって異なる場合があります。必ず事前に請求先の市区町村へご確認ください。

【申請窓口】
市民課または各地域局市民サービス課
※各行政サービスコーナーおよび戸籍事務取扱所では請求できません。

【受付時間】午前9時から午後5時まで
※広域交付住民票は、住基ネット端末を利用して交付します。住基ネット端末の共通運用時間(午前9時から午後5時まで)以外は広域交付住民票を発行できません。

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話