住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは何ですか。

住民票のコンピューターシステムを専用回線で結び、本人確認情報を提供する仕組みです。

住民基本台帳ネットワークシステム(通称:住基ネット)とは、全国の市区町村の住民票システムを専用回線で結び、国の行政機関などに情報を提供する新たな仕組みです。市民サービスの向上と行政サービスの効率化を図るため、平成14年8月5日から第一次稼動を開始しました。将来、自宅や会社のパソコンを通して、社会保険料の納付、パスポート申請などの各種行政手続きができるようになる予定です。

住基ネットで取り扱う本人確認情報は、以下の6項目です。

1.氏名
2.生年月日
3.性別
4.住所
5.住民票コード
6.1~5の変更情報(変更年月日及び変更理由)

住基ネットは2回に分けてスタートしました。平成14年8月5日からは、住民票に住民票コードが付き、本人確認情報を行政機関などへ提供することが始められました。平成15年8月25日からは、住民票の広域交付、住民基本台帳カードの発行などのサービスが行われています。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話