電子証明書入りの住民基本台帳カードを紛失したとき、盗難にあったときの手続きについて教えてください。

電子証明書の失効手続きが必要です。

電子証明書を格納した住民基本台帳カード(住基カード)を紛失したり、盗難にあった場合は、住基カードを一時停止または廃止し、電子証明書を失効する必要があります。

【手続きの流れ】
1.最寄りの警察署に紛失(盗難)の届出をしてください。
2.市民課または各地域局市民サービス課で住基カードの一時停止または廃止、および電子証明書の失効手続きをしてください。
3.必要に応じ、住基カードおよび電子証明書の再発行の手続きをしてください。

【必要なもの】
・警察署に紛失または盗難を届け出たことを証明するもの(届出番号の控えなど)
・申請者の本人確認資料(運転免許証、パスポートなど官公署発行の顔写真付き身分証明書)
・印鑑(ゴム印不可)

※上記の資料で本人確認ができない場合は、郵送による本人照会の上、後日の失効となります。

【申請窓口】
市民課または各地域局市民サービス課
※各行政サービスコーナーおよび戸籍事務取扱所では取扱いしておりません。

【受付時間】
午前8時30分から午後5時まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話