電子署名の仕組みを知りたいのですが。

電子署名とは、電子情報に附帯して送信される情報であり、受信者側で「送信者の本人性の確認」及び「電子情報の真正性の確認」を可能とする技術です。

公的個人認証サービスでは、秘密鍵・公開鍵と呼ばれる一対の符号を使ってこの機能を実現する方法が採用されています。(この一対の符号を「鍵ペア」と呼んでいます。)
秘密鍵とは、送信者が暗証番号で管理する情報であり、送信する電子情報から作り出した一定の長さの情報(「メッセージダイジェスト」といいます。)を暗号化して電子署名を作成する機能をもっています。

電子情報、電子署名及び電子証明書の3点の送信を受けた受信者は、認証局に電子証明書の有効性を確認した後、電子署名を公開鍵を使いメッセージダイジェストに復号します。
正常にメッセージダイジェストに復号できた場合は、電子署名は公開鍵と一対となる送信者しか使えない秘密鍵で作成されたものということになりますので、送信者が電子署名を行ったこと(本人性)の確認ができます。
また、受信者側で送信者と同じ方法で電子情報からメッセージダイジェストを求め、これと電子署名を復号して得られたメッセージダイジェストを照合し一致すれば、電子情報について、送信途上で改ざんがなかったこと(電子情報の真正性)の確認ができます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部市民課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:shimin@city.yokote.lg.jp

代表電話